ぽんこつによる『世迷言日記』

革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON 3話(15話)~人類最初の”神憑き”が明らかに!?謎は深まるばかり~

2013/10/26 10:25 投稿

  • タグ:
  • 革命機ヴァルヴレイヴ


革命機ヴァルヴレイヴ 15話

今回は衝撃回でしたね。
まさかクラスメイトのマリエがこの物語の重要な人物だったとは…!?まだ詳細は明らかになっていませんでしたが、マリエがエルエルフに撃たれても生きていたのは数々のヴァルヴレイヴ名場面の中で上位に入るシーンでした。。

今回登場した重要なシーン&伏線を整理すると
・冒頭シーンに度々描かれる200年後の世界でヴァルヴレイヴの呪いが祝福とされ、11歳の少女が人類初めての神憑きにあったことが判明
・前回、目に重傷を負ったはずのハルトが無傷であり、それに伴い、マリエが「自然に完治されたのではないか?」と感じ、ハルトの存在に疑問を覚える。
・マリエは昔の記憶がないらしい。
・ヴァルヴレイヴ初号機に存在するOS子ちゃんはマリエのことを知っており、友達だったことを明らかにする。その後、記憶がないマリエに対して、OS子ちゃんが「私がルーン食べたから」と意味深発言
・作戦中に消えたハルトがマリエに追及されヴァルヴレイヴの呪いを告白しようとするが、それを阻止しようとマリエを撃つエルエルフ→しかし、マリエは生きてた

この散らばった伏線を整理して考えられるのは、マリエは人類初めての神憑きにあった少女であり、OS子ちゃんとともにヴァルヴレイヴを操っていたのではないかということと、マリエが情報素粒子“ルーン”を食べたことにより、マリエの記憶は消えてしまったという事実が推測されます。ハルトの呪いが人間の血と性的欲求とすれば、マリエにかかっていた呪いは記憶情報なのかなとも想像できます。
マリエがまさかこんな重要な役を担うとは想像できませんでしたね。。



また少し話がはずれますが、冒頭での200年後の世界に生徒会長がいた点も気になりますね。もしかしたら今後の展開で今まで登場し活躍したキャラは今後ヴァルヴレイヴの呪いを受け、200年後もハルト&エルエルフにそっくりな謎の銀髪少年と過ごしていくのでしょうか?


謎が深まるばかりのヴァルヴレイヴですが、第一期と違い、脚本の破天荒さから一変して何かを想像させるような深い内容になってきたなと感じます。見ていて本当に面白いです。今後の展開が楽しみです


今までの感想
革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON 1話(13話)~エルエルフが正妻だったなwww~
革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON 2話(14話)~主人公空気の大気圏突破www~

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事