吾輩は吾輩である。それ以上でも、それ以下でもない

ゲームレビューあれこれ 番外編

2015/10/01 12:30 投稿

  • タグ:
  • ゲームレビュー
  • 番外編
  • MGO三
  • MGO
  • TGS2015
  • アップル・スター
どうも、アップル・スターです。

さて番外編ということで、TGSでプレイしてきたMGO三の感想を少し。

10月6日より正式サービスが開始されるのですが、皆さんはMGSⅤをプレイするときにスネークばかり使ってませんか?当然といえば当然ですし、私もスネークでプレイしております。
が、MGO三ではゲーム開始時に設定したアバターを使用します。そしてこのアバターは能力が低いです。本編の敵兵に例えるならランクがDとかEぐらいだと思ってください。スネークのように無尽蔵に駆け回ることはできず、リフレックスもありません。また所持している武器の重さによって行動の早さも制限されます。もちろんMGOですので、スキルを極めていけばある程度ましになることは間違いないでしょう。問題はそれまでの間ですよね。

今回のMGOでは3つのクラスが用意されております。トレーラーを見られた方にはお分かりだと思いますが、潜入・重装・偵察に特化したタイプです。
潜入はステルス迷彩を使えたりし、敵に気づかれずに敵を討つタイプ。
重装はバトルドレスに身を包み圧倒的な攻撃力で敵を駆逐するタイプ。
偵察は後方からスナイパーライフルで味方の行く先を排除したり敵の位置をいち早く察知するタイプ。
私がプレイしたのは重装タイプでした。MGS4の時のMGOならアサルトライフルが主力武器でしたので基本はこれかなと思いましたが、タイプはMGSⅤの遊び方に合わせるのがいいと思います。私は普段敵に見つからないように後ろに回ったり長距離からスナイパーライフルで敵を排除したりしてます。そんな私からすれば重装タイプは動きが重いように感じました。もちろん初期の状態ですので、やり込めばそれなりに融通が利くようになるのだと思うのですが、速さを武器にしたいなら初期は潜入タイプを選ぶのがいいと思います。マシンガンなんて持った日には鈍足すぎて話にならなかったです(笑)

プレイした時のルールですが、「バウンティハンター」というものです。
チームデスマッチのような感じですが、新要素のフルトン回収をうまく活用したルールになっておりました。敵を倒していくとチケットを獲得していきます。以前でいうならチケットが減っていくだけなのですが、今回は、敵を倒す=持ってるチケットを奪う、という構図になっています。そしてそのチケットを持っている敵をフルトン回収することで奪い返すことが出来ます。これが中々面白い。敵を倒す役と敵に取られたチケットを奪い返す役、そしてそれをサポートする役、と完全に用意されたタイプに役割ができるというよく考えられたルールです。
回収するタイミングも重要ですが、回収を阻止するために動くことも重要。単純な撃ち合いにフルトン回収というシステムが加わることで戦略・戦術に工夫が生まれ、強者ではなく巧者が上に立っていく。ただのテクニックだけで勝つことが難しくなってます。

またMGSⅤでもお馴染みのバディシステムもあります。味方のうち誰とでも組むことができ、狙っているものや今何をしているかを共有できるようになってます。CQCで捕らえられている状態もシルエットでわかりますので、現場に急行し窮地を助けることも出来ます。上手く使っていけば相手を圧倒することも出来るはずです。


とまぁこんな感じですね。あとは正式サービスが開始してから触らないと分からない部分もあるでしょうし。今回は番外編なので評価点とか総評とかは無しです。私もサービス開始からやり込んでいく予定ですので、どこかで一緒になったらその時はよろしくお願いします。

それでは

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事