吾輩は吾輩である。それ以上でも、それ以下でもない

42回目。ウズベキスタン戦

2015/04/08 20:41 投稿

  • タグ:
  • サッカー
  • 日本代表
  • ウズベキスタン戦
  • ハリルホジッチ
  • アップル・スター
桜満開の今日この頃、皆さんお花見には行かれましたでしょうか?
私はまだ行っていません。
どうも、アップル・スターです。

さて、ウズベキスタン戦です。
しかし、残念なことに仕事の都合で後半からしか見ることができませんでした。
まぁゴールラッシュにはありつけたので、満足していますが(笑)
今回は項目ごとに感想を書いて行きます。

・スタメン
前回からガラッと変わってましたね。交代も含めて、「全員試合に出す」を有言実行した、ある意味珍しい監督ですね。GKに関しては仕方ないですけど・・・。大抵どの監督も「全員出す」とは言っても何人かは出場しないことが多いのですが、どの選手にも門は開いているってことを体現した形にも見えます。好感がもてますね。
スタメンで際立ってたのは青山でしょうか。先制点も決めたそうで。後半だけ見ても持ち味のロングボールでチャンスメイクをしていましたし、球離れを良かったように思えます。青山は技術もさることながら、空間把握能力にも長けた選手なんですかね。でなければあれだけ瞬時にDFの裏に縦のロングボールなんて入れれませんからね。

・ゴール
大量得点に加え、宇佐美と二又のうれしい代表初ゴールが生まれました。宇佐美は投入された直後にもいいクロスを上げていましたし、あれがDFに少なからず影響を与えたようにも思えます。どちらかというとパスを警戒していた動きでしたし。そこですかさず切り込んでいくのは、今の若手で最も得点力が高い証拠なのでしょう。バイエルンでは不遇でしたが、それでも世界最高のウインガーからは色んなものを学んで帰ってきたという事でもあるんでしょうね。
ただ残念なのが、ザキオカさん。柴崎のゴールシーンですが、あの場面は自分で触ってゴールを確実にしなければならない所です。いくら強化試合といえど、あんな行為はプロとして失格と言えます。どんな時にも確実に点を入れておかないとね。

・失点
CKからのこぼれ球をクリアできずに押し込まれた形でしたね。ある意味仕方ない事かもしれませんが、クリアできる時に確実にクリアできず、かつペナルティエリア内でフリーの選手を作ってしまっていた時点でダメだったと思います。全員がボールにしか視線がいっていませんでしたし。マークの受け渡しは事前にしていたはずなのにこぼれ球になった瞬間に離れてしまっていては入れてくださいと言っているようなものです。今回は珍しく5点入りましたが、毎回大量得点ができるようなスポーツではないですし、たかが1点されど1点、次回以降同じような場面で入れられないことを期待したいです。

・2戦見た感想
とてもできて間もないチームとは思えないほどの動きをしていたことに驚きと期待を抱いております。どんな名監督であろうと最初は躓くことのほうが多いです。まぁ地元開催であったことも考慮すべきでしょうが、それにしても初召集組も目立つメンバーのなかで2戦2勝という結果は上出来すぎる結果だと思います。おまけに今回のメンバーで満足することなく、どんな選手も隔たりなく招集をかけていくこともハリル監督は望んでいるそうで、これは日本代表の資格を持つどの選手にも代表への切符が用意されているという事なので、これから熾烈な争いが始まるのだろうとわくわくしています(笑)


という事で今日はこのくらいで。
次回は世界遺産に関係するもの(?)をピックアップします。
実は年末に上げる予定だったのですが、書く暇がなく忘れたままになっているんですよ(笑)

それでは

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事