りまきのブロマガ

エロゲ業界外注体験記 - あるオタクの半生記 その10

2014/10/02 00:01 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 自伝
  • イラスト
  • オタク
  • あるオタクの半生記
  • エロゲー
  • 美少女ゲーム
  • エロゲー業界


オッサンがお届けするオタクの半生記第10回目です。
まずは前回会社がつぶれて個人で外注を受け持つ事になったのでその思い出話を。


第9回 →「働いてたエロゲー会社がつぶれる

第8回 →「エロゲー会社に着彩として就職

第1回 →「殴る蹴るの暴行をほぼ毎日受けていた

半生記まとめ

---------------------------------------------------------------------------------
引越しをして仕事を請けはじめる

外注で仕事をするんですが、会社で飼ってた猫を引き取るために
家を引越しする必要があった為以前一緒に暮らしてた友人(男)と
再び合流して千葉県のI市に引越しました。引越はマジお金かかります。
引越貧乏です、、、

前回に引き続き「背景も塗りもやります」というのを売りに仕事を募集したのですが
その狙いは間違ってなかったようで、ありがたい事に仕事が無くて困るという事もなく
色んな所から仕事をもらえました。

特にエロゲの原画家はキャラは得意だけど背景が苦手な人が多いのか
いわゆるイベントCGの背景を描いてという依頼が多かったです。

立ち絵で展開される通常時の背景はお金は良いけど時間がかかり
イベントCGの背景は簡単なものは凄い早く上がるけれども
単価は安いと平均にするとどっちもどっちな感じでした。


外注時代の具体的な仕事内容はHPの仕事履歴に載ってるので そのへんを見てもらえばと思います。

---------------------------------------------------------------------------------
お世話になった会社さん

一番お世話になったのはすたじお緑茶さんですね。
担当してた作品の原画が遅れた時も別のラインの仕事を
回してくれて仕事が切れないようにしれくれましたし。
(外注は仕事しないと無一文なので切れないように仕事が来るって割と大事)

特にこの頃は巫女さんがマイブームだったので巫女さん細腕繁盛記っていう
巫女ゲーに関われたのは嬉しかったです。

自分が関わってた時はそこそこ売れてはいたけどメガヒットってほどは無かった
感じだったんですが自分が外注を辞めてしばらくたったら「恋色空模様」っていうので
一発当てたみたいで嬉かった反面あのまま外注続けてたら関われたのかなと
ちょっと残念な気持ちでした。

あとねこねこソフトさんのとこに一週間くらい泊り込んで色々仕事したのも
色々勉強になったし社員の方々と色々話せたのも良い思い出です。

あと名前は出せないけど一番最初に仕事した所が給料を前払いしてくれたおかげで
引越し資金が出せて助かりました。

---------------------------------------------------------------------------------
一番引き受けて後悔した仕事

思い出といえば、仕事履歴に名前を載せてない所で某家庭用ゲーム機の背景を依頼されて
ついにエロゲ以外にも仕事が!と思って二つ返事でやりますって言ったら、
その後提示された金額が立ち絵背景なのにイベントCG並のお値段で、ここで断れば
良かったのに「一度やるって言っちゃったしなぁ、、」と馬鹿正直に引き受けて
えらい目にあいましたね。。。

本絵をそのまま高画質に描いてくれればいいからって言われてましたけど
完全につぶれててこれただの背景ラフレベルで一から描くしかないじゃないですかー
って感じでしたし。

---------------------------------------------------------------------------------
一番残念だった事

一番残念なのが、未発表だったので履歴に名前載せてないんですけど、一番最初に引き受けた
エロゲが結局発売されてない事ですね。

これは背景担当で引き受けたんですけど進行管理の人の指示がよくわかんなかった所
既にシナリオは出来上がってるというので「じゃあシナリオ見せてください。」と
読ませてもらったら、これが従来のエロゲとは一線を画す独特でまさかの展開のある
シナリオで凄い面白かったんです。

自分が最後に関わった段階で原画、背景、シナリオ、まで出来ててあとは塗りが半分くらい
だったのでさすがに今回は発売まで行くだろうと思ってたんですが、、、
今でも「あの作品発売する事にしたけど素材が無くなっちゃって、まだ持ってない?」と
いつ言われてもいいように全てのpsdデータを大事に保管してるんですが使われる事は
なさそうでホントに残念です。

あと「原画家がスランプになった」って理由で開発がしばらく止まったのもビックリでした。

この作品に関してはまだ余談があるんですがこれ以上書くと色々まずそうなので黙るとして
いつか小説かなにかで世に出て欲しいなぁと今でも思ってます。

---------------------------------------------------------------------------------
ついにイラストの仕事が

あと、1回だけですが遂に自分にあるゲーム会社のとある部署からイラストの仕事が
来た事がありました!

正確にはある企画のコンペなんですがコンペとはいえちゃんとお金が払われるので
念願のプロのイラスト描きとしての初仕事だと滅茶苦茶気合入れて描いたんですが
コンペの結果は「想定してたより良いものが来たけど他の人のがもっと良かったよー」って
言われました。ガックシ。良いのが来たって お世辞かもしれないですが。

「またなんかあったら声かけるかもなんでそん時はよろしく!」といわれましたが
丁度その時はゲーム業界の再編期でスクウェア+エニックスとかバンダイ+ナムコとか
色んな会社が生き残りをかけて合併してた頃で、その会社もその後すぐ他の会社と合併
してしまい、そのあたりで色々あったのかコンペに出た作品も世に発表される事は
なくその部署も再編されたのか現在ページは存在してません。。。

また声かけるかもも社交辞令の定番なので真に受けるのもなんなんですが。

---------------------------------------------------------------------------------
外注生活のデメリット

収入は多い月があったり全然ない月もあったりで不安定ではありましたけど
普通に生活していける程度にはあり、ぼちぼち仕事をしてましたが、
家で作業をすると仕事も自分の絵も全く同じ場所で同じ作業をする事になるのと
特に仕事で絵を描く事で絵を描く欲求が満たされてしまい仕事の絵作業と
自分の絵作業の気持ちの切り替えをするのが難しかった記憶があります。

あとこれが割と厄介だったんですが、自分は夏休みの宿題を最後にまとめてやる
タイプだったので、朝起きる→「仕事しないとなー」と言いながらダラダラとネット
→気付いたら夕方になり「やべぇ!」と仕事→終わった頃には夜。
の流れで一日が終わってました。

会社のように休日や定時が決められてないので「いつでも休めるけどいつでも休めない」
というのは自己管理の出来ない自分にはなかなか難しく、さっきのように夕方まで
ダラダラしてて夜に慌ててやる生活だと実際には休んでるけれどちゃんと
「今日は休むぞ!」と思って休んだわけではないので精神的には休みを取れてない
という感じでした。

あと元々友人が少ない上に自分から人を遊びに誘うという事が出来ない人間なので
マジで誰ともしゃべらなかったです。コンビニに行って「あ、箸いらないです。」とか
言うくらいですね。この時友人と一緒に暮らしてなかったらガチで一言も喋らないで
数日間過ごすとかあったと思います。
---------------------------------------------------------------------------------

そんな感じで2年ほど外注生活をしていましたが、色々と思うところがあり
色々悩んだ末 外注生活とエロゲ業界から一旦引退する事になります。

そのへんの話は その11で。

第11回 →「フリーランスを辞めて趣味の絵を描く


------------------------------------------------------------------------------------------------

ブロマガ以外にも絵や動画など色々やってます。
動画】【静画】【pixv】【ツイッター
【ブロマガ案内ページ】

------------------------------------------------------------------------------------------------


コメント

だらしな権兵衛
No.1 (2015/02/09 21:56)
巫女さん細腕繁盛記なつかしw
この作品のおかげで神社について詳しくなった気がします。
この当時ってメイドと巫女はエロゲに登場するコスチュームの
二台巨頭みたいなところがありましたよね。
友人とどっちが萌えるかでよく議論したなぁ~。
やっぱ、こういうエロゲ黎明期に多くの作品に携わってくれた方達がいたからこそ
今のオタク文化があるんだなぁ~。マジで尊敬します。
そして懐かしい気持ちにさせていただいてありがとうございます。
蒼野りまき (著者)
No.2 (2015/02/10 23:20)
>>1 だらしな権兵衛さん
巫女さん細腕繁盛記を知ってる方がいて嬉しいです。
たしかにメイドと巫女はコスチュームでは2トップですけどメイド派の方が圧倒的に優勢でしたよね。あんなにくさるほどメイド喫茶乱立するなら細腕繁盛記みたいな巫女さん茶屋を作るべきだと思います。

まどマギやゆゆゆやFateの人など今のオタク文化を支えてる脚本家や原画家の多くはエロゲ出身ですしね。今エロゲ業界はあんま元気無いのが残念です。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事