りまきのブロマガ

働いてたエロゲー会社がつぶれる - あるオタクの半生記 その9

2014/09/18 09:40 投稿

コメント:38

  • タグ:
  • 自伝
  • イラスト
  • オタク
  • あるオタクの半生記
  • エロゲー
  • 美少女ゲーム
  • エロゲー業界

更新強化月間が終わって日記のストックが全部無くなったので更新ペースが下がりますが
半生記自体は多分あと4~6回くらいで終わるので、別で語りたいことを間にはさみつつも
今年中、遅くとも今年度中には完結させたいなと思ってます。

第8回 →「エロゲー会社に着彩として就職
第7回 →「地元を脱出して首都圏に上京

第1回 →「殴る蹴るの暴行をほぼ毎日受けていた

そろそろ過去分全て載せるのは無理が出てきたので最初と最近のリンクだけ。
半生記まとめ

-----------------------------------------------------------------------------------------------

■エロゲ会社体験記

さてひょんな事からエロゲ会社の社員になった自分ではありますが、社員といっても
何か契約書類を交わしたわけでもなく、社会保障?年金?健康診断?ナニソレ??みたいな
感じだったので実際の所社員とはなってるけど月給制のバイトと何が違うのかって感じでした。

今はわかんないですけど当時のエロゲ業界は大体こんな感じだと思います。
外注で仕事請けた時も契約書なんて交わした事ないですし。

大体は昼頃出勤して日付が変わった頃帰る感じですけど、人によっては毎日のように
会社に泊まる人もいました。
最初に関わった作品が出るまでは週休一日だったような記憶でしたけどその後も週休2日
だったかはイマイチ曖昧です。

ただ会社のみんなは社長がとても社交的だった事もあり とてもアットホームな雰囲気でした
皆良い人ばかりでしたし なんといっても周りが皆オタクでオタトークが全然OKな人達
ばかりなので居心地の良さがハンパなかったです。
大学とか行ってないけど多分大学のサークルに近いノリの気がします。
(あくまでも雰囲気がそうというだけで仕事はちゃんと会社っぽくやってました。)

求人情報で「アットホームな会社です。」ってブラック企業ワードですけどねw
というかここまでの情報をハタからみたら完全にブラック企業なわけですけど
絵を描いたりシナリオ描いたりが好きで仕事にしたくて、雇用とかそのへんはあんま
気にしない人達が来る業界なのでその点での不満は聞いた事ないです。
逆にいうと仕事内容が好きでないとやっていけないと思います。

結局ブラック企業かどうかなんて周りの意見よりも働いてる本人がどう思うかで
判断されるべきものなのかなとか。

着彩として入社したわけですけど最初は手は遅いわ質は悪いわで社員の方々に
えらく迷惑をかけてた記憶があります、、

マスターアップの時とか徹夜で結構バタバタして大変でしたけど今となっては
良い思い出です。

ちなみに この頃の業界は月姫っていう同人ゲームで大ブレイクしたTYPE-MOONっていう
同人サークルが会社を立ち上げFateっていうエロゲを出してメガヒット、
あとひぐらしのなく頃にがにわかに人気が出てた頃でした。
(ひぐらしはエロゲじゃないですけど)

その後の東方もそうですけど、月姫が出始めた当時はまさか同人発のものが同人業界を
席巻する事になるなんて思って無かったです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

■絵描きとしての今後の方向性を決める。

プライベートの方でも絵を描くモチベが高かった時期で この頃はお絵描き掲示板に
ハマっておりよく描いてました。

↓当時の絵


今見ると鼻と口の位置が異様に高い。特に右の絵。

↓お絵描き掲示板に描いてた絵



そんなこんなで仕事について1年くらいが経ち、自分は会社で今後どういう風に
スキルアップしていくべきかなと考えてました。

勿論一絵描きとして原画家には憧れてましたけど、原画家は足りてましたし
実力的な事もあって色々現実的じゃなかったです。

その中で「社内で背景をやりたがってる人あんまいないし、背景描くの結構好きだし
これを売りにしていけたら今後色々役に立つんじゃなかろうか」と思い
社長に相談した結果次の作品では背景を担当する事になりました。

↓その当時の背景






一番下のは正確にはこの頃より1年後くらいに描いたものですけど。
今描いたらもっと彩度高くしてアニメっぽくしてると思います。

外注の人に塗りを手伝ってもらったりして結構な枚数描いたんですが、結局自分が
背景描きとして参加する作品がこの会社から世に出る事はありませんでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

■会社がつぶれる。

色々あって会社の存続が不可能になりました。
何があったかは書いたら各所迷惑がかかる気もするので書かないですけど一言でいうと資金不足です。

この頃のエロゲ業界は前にも書いたとおり泣きゲーブームで新規参入会社が乱立しましたが、
とはいえエロゲは一般人には浸透しないニッチな市場なので市場の拡大にも限界があったのか、
乱立の後には淘汰があるということで、その後どんどんメーカーが潰れていっており
その中の一社に含まれた感じです。

給料は結構未払いでしたけど社長には本当にお世話になった事もあり会社で使ってた
モニタ&パソコンや棚とかの備品をもらってチャラにしました。

結局1~2年くらいしか在籍してなかったですけどホントに密度が濃く色々な事が
ありました。社会人になって一番密度が濃かったと言っても過言じゃないです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
■外注として生活をはじめる事に。

んで会社を退職して、この先どうするかという話なんですが、会社も後期に入ると
色々先行不透明な事もあって次のゲームを出すとしてもまだ企画が固まってなく、
給料も未払いだった事もあって「他の会社のゲームの仕事を外注で請けてていいよ」と
言われたので探してました。

そしたら割と簡単に見つかり、じゃあやろうかなという所で会社が畳まれたので、
ひとまずこの外注の仕事を請け負う事にしました。
(ちょっと記憶が曖昧ですけどたしかこんな感じだったはず。)

なにより会社に通って仕事をするのも確かにクリエイターと言えるんですけど、
独立して自宅で毎日絵を描いて過ごすってなんかすごくプロっぽい!!
っていうイメージ先行な憧れがあったので一度挑戦してみたかったんです。

こうして割となりゆきで外注として生活がはじまります。
次回に続く!

第10回 →「エロゲ業界外注体験記

------------------------------------------------------------------------------------------------

ブロマガ以外にも絵や動画など色々やってます。
動画】【静画】【pixv】【ツイッター
【ブロマガ案内ページ】

------------------------------------------------------------------------------------------------




コメント

蒼野りまき (著者)
No.39 (2014/09/20 01:01)
>>16 明太子まみれさん
趣味や同人のみならキャラ描けなくてもどうとでも出来そうですけど
それ以上を目指すなら背景は避けては通れないと思います。


>>17 微妙さん
マスターアップは大変ですけど、それだけに達成感もひとしおですよ。
エロゲ業界は自分がいた頃より色々厳しくなっていますが
頑張ってください。


>>18 邪正人鬼さん
Silence…うっ、頭が!


>>19 天音和人さん
エロゲ会社のプログラマはアリスのようなゲーム部分に凝ってる所以外は
大体1~2人くらいしか雇わないので どうしても負担がかかっちゃうんですよね。
お疲れ様でした!


>>20ママーン氏@魚人最強さん
なんか意味不明な台詞を入れてみたかったんですw


>>23 とらとらさん
テカテカしてるの対象がどの絵師なのかわかりかねますけど
カントクさんやゆーげんさんも含まれるなら自分もその方向に
なっちゃう可能性が高いですね(汗
汚くならないように注意したいです。

ただそれを差し引いても今回載せた背景は彩度が低すぎて
温かみが無さ過ぎるかなと思うです。
蒼野りまき (著者)
No.40 (2014/09/20 01:22)

>>24 nariさん
社員としていたのは1社だけだったので他の会社も同じ感じなのか
気になってますけどやっぱ似たようなものなんですね。
そういえば教室描くのは大変でした、、、
塗るのも結構大変だったでしょうけどそれは外注の人に任せたので
平気でしたw


>>25 PLUEさん
それ多分「エロいし!」ってのは泣きゲーにハマらせるための
友人の罠だったんじゃないかと思いますw
東鳩1は実はやってないんですがAIRは美凪シナリオにやられちゃいました、、


全文表示
蒼野りまき (著者)
No.41 (2014/09/20 01:57)
>>30 ekusuuyさん
全部読んでいただけて光栄です!
電車に乗ってる時とか、目の前の一人一人色々な人生を
歩んできてるんだろうなと考えると色々と考えさせられます。


>>31 キシマックスさん
人生は常に選択に悩みますしね。
この時点で24歳くらいなのであと10年まだまだ迷走しますw


>>33 むきぷりんさん
友人亡くなってしまったんですか、切ないですね。。
自分はこの後色々状況が変わるので その友人が自分みたいに
なってたら色々苦労し... 全文表示
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事