POGUMA通信

2018 日本ダービー

2018/05/26 09:30 投稿

  • タグ:
  • POG
  • 競馬
  • 日本ダービー
  • 東京優駿

二歳王者の弥生賞馬が復活3分にも満たないプレミアムな時間を見せる

1枠 1番 ダノンプレミアム(4-0-0-0)朝日杯FS 川田将雅

父ディープインパクト 母インディアナギャル


時を飛ぶものが未来永劫時を旅するダービー馬へ

1枠 2番 タイムフライヤー(3-2-0-2)ホープフルS 内田博幸

父ハーツクライ 母タイムトラベリング


ダートのテーオーから芝でもテーオーへ力強い走りを見せる

2枠 3番 テーオーエナジー(3-1-1-0)兵庫CS 藤岡康太

父カネヒキリ 母シルキークラフト

ベガでつかんだ栄光をもう一度アドマイヤ軍団の夜明けを告げる

2枠 4番 アドマイヤアルバ(2-6-1-0)京都新聞杯2着 丸山元気
父ハーツクライ 母エリドゥバビロン

3歳馬にとってのコマンドールはこの馬にこそふさわしい

3枠 5番 キタノコマンドール(2-0-0-1)すみれS M.デムーロ

父ディープインパクト 母ベネンシアドール


蛯名正義はいまだかつてたどり着いたことのない頂点をこの馬と目指す

3枠 6番 ゴーフォザサミット(3-0-0-3)青葉賞 蛯名正義

父ハーツクライ 母ラグジャリー


人の思いは力となり宇宙からこの馬へと降り注ぐ

4枠 7番 コズミックフォース(2-1-1-1)プリンシパルS 石橋脩

父キングカメハメハ 母ミクロコスモス


池添がシルクで紡いだワンピースが突風となり府中の2400を駆け抜ける

4枠 8番 ブラストワンピース(3-0-0-0)毎日杯 池添謙一

父ハービンジャー 母ツルマルワンピース


馬主の思い月まで届け進撃のイケメンブルースリー

5枠 9番 オウケンムーン(3-0-0-2)共同通信杯 北村宏司

父オウケンブルースリ 母ムーンフェイズ


天才が見せる常識に囚われない騎乗が亡き父に最後のダービーを贈る

5枠10番 ステイフーリッシュ(2-0-1-1)京都新聞杯 横山典弘

父ステイゴールド 母カウアイレーン


ダービー5勝の名手武豊を信じダービーという絶壁に挑む

6枠11番 ジャンダルム(2-1-1-1)デイリー杯2歳S 武豊

父Kitten's Joy 母Believe


三冠馬の権利はこの馬だけ戸崎圭太と黄金時代を築く

6枠12番 エポカドーロ(3-1-1-0)皐月賞 戸崎圭太

父オルフェーヴル 母ダイワパッション


その聖杯の中身は日本ダービー馬の名誉のみそれでも人はそれを求める

7枠13番 グレイル(2-0-0-2)京都2歳S 岩田康誠

父ハーツクライ 母プラチナチャリス


二着続きでダービーの出走権を得たりおう。ダービー馬の座も得たりおう。

7枠14番 エタリオウ(1-4-0-1)青葉賞2着 H.ボウマン

父ステイゴールド 母ホットチャチャ


桜花賞オークスと制した父へと母からもらった弓でダービーの栄冠も射止める

7枠15番 ステルヴィオ(3-2-0-1)スプリングS C.ルメール

父ロードカナロア 母ラルケット


シャンハイ一番の将軍が一世一代の大戦争の主役に

8枠16番 ジェネラーレウーノ(3-0-2-0)京成杯 田辺裕信

父スクリーンヒーロー 母シャンハイロック


ワーグナーへの強い思いで府中2400mを先頭で駆け巡る

8枠17番 ワグネリアン(3-1-0-1)東スポ杯2歳S 福永祐一

父ディープインパクト 母ミスアンコール


代打男の出番だぜ失敗したって怖くない君たちは無敵さ

8枠18番 サンリヴァル(2-1-0-2)皐月賞2着 浜中俊

父ルーラーシップ 母アンフィルージュ





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事