POGUMA通信

くまPOG2017指名馬 ~MEWさん後編~

2017/06/12 21:40 投稿

  • タグ:
  • POG
  • 競馬
15.サラーブ(美浦:木村)牝馬:シルクR
ルーラーシップ×サマーハ(シングスピール)
半兄は日経賞勝ち馬シャケトラ(父:マンハッタンカフェ)
今年こそはシルクにテコ入れが来るはずと言われて数年が経ちますがそろそろ「本物」が来るのでしょうか?

16.サラキア(栗東:池添)牝馬:シルクR
ディープインパクト×サロミナ(Lomitas)
姉サロニカは3戦2勝(エルフィンS)で意気揚々と桜花賞出走取り消し春全休と悔しい春クラシックとなりました。そんな姉の無念を晴らしたいところですね

17.サトノグロワール(栗東:池江)牡馬:里見治
ディープインパクト×シャムロッカー(O'Reilly)
この父と母父の組み合わせといえばラジオNIKKEI賞の勝ち馬ファイナルフォームを思い出します。そういうこともあってかイメージとしては1600~2000くらいで走ってきそうなイメージです。

18.アンジェロッティ(栗東:須貝)牡馬:サンデーR
キングカメハメハ×シュプリームギフト(ディープインパクト)
母シュプリームギフトは函館SS2着馬母の兄弟にもオーシャンS3着のベステゲシェンクにアーリントンC3着のロワアブソリュー(父:ゼンノロブロイ)がいます。
母はそうでもなかったのですがこの子は小さいですね牝馬っぽい名前を貰ったのも頷けます。

19.ムーランナヴァン(美浦:尾形)牝馬:サンデーR
エイシンフラッシュ×シュペトレーゼ(ディープインパクト)
完全に忘れ去られていた?新種牡馬エイシンフラッシュさんがここにきて初登場です。
そしてかもPOGの執筆まで含めて2頭しかいません。
シュペトレーゼはエックスマークの全妹でサウジアラビアロイヤルC・共同通信杯で2着のイモータル(父:マンハッタンカフェ)の半姉です

20.スターリーステージ(栗東:音無)牝馬:社台オーナーズ
ディープインパクト×スターアイル(ロックオブジブラルタル)
全兄ミッキーアイルは言わずと知れたマイルのGⅠ馬で半兄タイセイスターリー(父マンハッタンカフェ)も恵まれたとはいえシンザン記念の2着馬ですし近親のアエロリットもNHKマイルを制覇した勢いのある一族本馬も勢いに乗るのでしょうか

21.リバティハイツ(栗東:高野)牝馬:社台レースホース
キングカメハメハ×ドバウィハイツ(Dubawi)
リーチザハイツ(父:ディープインパクト)に騙されてディヴァインハイツ(父:ハーツクライ)に騙されてキングカメハメハの産駒こいつにも騙されてしまい2頭あることは3頭あるのか3頭目の正直か要注目です

22.プリメラビスタ

23.グラマラスライフ(美浦:田村)牝馬:シルクR
ハーツクライ×プリティカリーナ(Seeking the Gold)
この血統で一番有名なのは半兄の4勝馬アンタラジー(父:ディープインパクト)でしょうか
圧倒的な1番人気を背負った4戦目3歳500万下での外枠からスタート直後外に逃避し北村落馬のあの馬です(その後福永Jがきさらぎ賞のスズカメジャーで似たような落馬をしていましたね)これだけシルクに期待馬集めてだめならシルクはもうだめそうですよね

24.マイネルキャドー(美浦:矢野)牡馬:サラブレッドクラブラフィアン
ディープブリランテ×モントレゾール(Cadeaux Genereux )
土曜日の東京新馬でデビューを終えて2番人気で3着という結果でした
もともとダートの一家でしたし、中央の芝のレースで3着というのはかなりいい結果なのではないでしょうか?次走は東京開催最終週の未勝利戦へ向かい初勝利を目指します

25.レイエンダ

26.ラヴァーズインメイ(美浦:青木)牝馬:サラブレッドクラブラフィアン
ロージズインメイ×ラブシービル(マイネルラヴ)
日曜日東京6R牝馬限定戦の新馬戦に登場し7番人気9着という結果に終わっています
母ラブシービルはNZT勝ち馬マイネルハーティーの全妹ということでマイル前後で早い時期から期待できるのかなと思いましたがまだこれからの馬でしょうかね

27.リリーコサージュ(栗東:橋口)牝馬:社台レースホース
ゴールドアリュール×リリア―レ(キングカメハメハ)
血統を見ていくとボストンハーバーの名前が見えてくる一族です。
半兄グラットシエル(父:マンハッタンカフェ)も期間内に2勝しましたし期待が持てる一頭です。ちなみにリラコサージュとは関係ないです。

28.スリーキセキの2015(中央)牝馬:ディアレスト
トビーズコーナー×スリーキセキ(フジキセキ)
近親のスリーコース(祖母の姉にあたるキンググローリアス産駒)は根岸Sの3着馬です
三つのキセキを見せてもらいましょう

総評:牡馬クラシックをほぼサトノグロワールとレイエンダの2頭に託してあとは、クラブ所有の牝馬と心中といった形の指名になっています。
シルクRの高額牝馬が走るかどうかがターニングポイントになりそうです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事