アムロ大尉のブロマガ

バットマンVSスーパーマン~ジャスティスの誕生~

2016/03/29 00:05 投稿

  • タグ:
  • バットマンVSスーパーマン
  • エンターテイメント
  • アムロ大尉
  • 映画レビュー
映画観賞価値:900円

<あらすじ>
バットマン(ベン・アフレック)は、両親の殺害現場を目撃したという過去のトラウマから犯罪者一掃に力を注ぎ、一方超人的能力を持つスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)は、その力を人類のために惜しみなく使ってきた。だが、その破壊力の強大さゆえに、スーパーマンは人々からバッシングを受けるようになり……。

<感想文>
アメコミ映画大好きな私には生唾モノの作品です。
いよいよ、ジャスティスリーグ(※)くるか!!
ワクワクが止まりません。

※…マーベルコミックスのアベンジャーズと同じように、DCコミックスのヒーローたちで結成されるチーム


観終わっての感想ですが
本当に時間を返してくれ。(苦笑)
長いわ。あまりに長すぎる。
こんなにチンタラ展開されたら、初見のみなさんギブアップだわ。


というかね
この作品、想像以上に初見殺しです(苦笑)
こんなにも説明なしで話を展開させて、これではファンしかついてこれない(苦笑)

初見殺し①「みんなバットマンもスーパーマンも知ってるよね?」
そもそも、ここ。スーパーマンは前作の「マン・オブ・スティール」を観ていれば分かるわけですが、バットマンは違う。今まで公開されていたバットマンと若干違う過去や考え方を持っているバットマンを平然と出してくるあたり、困ったものです。
ちなみに本作のメインとなる武器や敵はすべて前作「マン・オブ・スティール」の要素をそのまま使っているので、内容をしっかりと覚えていないと分かりません。
とりあえず前作復習は必須。バットマン関連資料も調べておきましょう。

初見殺し②「みんなDCコミックスファンだから、ワンダーウーマン知ってるでしょ?」
これもまたひどいブッコミようでした。後半からモロに活躍するワンダーウーマン。
ワンダーウーマンと聞いてピンとこない人は、もちろんこの映画を観てもピンときません。
アベンジャーズのように事前にスピンオフ映画があるのかと思いきや、ワンダーウーマンの単独映画は後日公開ということで完全に順番ミスです。
結局終始「え、誰なの?」という疑問と「こいつは一体なんの能力があるの?」という疑問に襲われます。

初見殺し③「ストーリー重厚にしたいからさ、とりあえずドラマパートで悲壮感出すわ」
前半の1時間ほど、寝ます。(苦笑)それくらいテンポも悪ければ、雰囲気も暗い暗い。
まるでホラー映画かサスペンス映画を観ているような錯覚に陥るレベルです。
重厚にしたかったストーリーは、あまりにも長すぎて説明が入ってこず、とにかく辛気臭い映像を見せられているだけの苦痛状態。これは魅力に欠けます。


以上3点から
DCコミックスのファン以外の方々の視聴はオススメしません!!
アクションは確かに素晴らしいけども、トータル20分くらいしかありません!
残りの136分は、辛気臭いドラマです!!

バットマンファンも気をつけろよ!
今回のバットマンは終始滑ってるぞ!!イタイぞ!!!
「お前それでも大人かよ。」ってくらいメンヘラなバットマンです。
ある意味新鮮。(苦笑)



ってなわけで、予備知識があったから後半楽しめたものの
前半はDCコミックスファンでも苦痛かなと思います。

んー…ジャスティスリーグ…
まさかダダ滑りかなぁ…(苦笑)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事