アムロ大尉のブロマガ

インターステラー

2014/11/23 23:37 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 映画レビュー
  • インターステラー
  • エンターテイメント
  • クリストファー・ノーラン
  • アムロ大尉
映画観賞価値:3000円

<あらすじ>
近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。

<感想文>
わたし、クリストファー・ノーラン監督/脚本の映画が大好きでして。
苦悩するヒーローと、その周りの人間たちのドラマを見事に描いた「ダークナイト」
夢の中という幻想世界を複雑に構築して展開させた「インセプション」
今までの伏線をすべて使った大どんでん返しを見せた「プレステージ」

どれも、巧妙かつ繊細で綿密なストーリーに度肝を抜かれてきました。

なので
今回、文句なく期待しかしてなかったんです。
で。

さすがですよ。
期待を裏切らないですホントに。
素晴らしいSFだ。
これこそほんとに映画。
エンターテイメント性、サスペンス性、ドラマ性、アクション性。
どれをとっても一級品!!!!!
これは文句なく今年1番の映画だと思うわけですよ。

ではでは、そんな本作の一級品ポイントを簡単にまとめてみましょう。

ここが一級品!①
「閉鎖的で美しい宇宙空間を描いた映像美」
本作は、もちろん大半が宇宙での出来事を描いています。
この宇宙空間の描き方が素晴らしい。
ブラックホールやワームホールといった、誰も近くで観たことがないものを
科学的な検証を重ねて見事に美しく描くことに成功しています。
また、音もしっかり「無音」。宇宙は空気がないから当たり前ですが、そこのリアリティさが本作の緊張感をさらに駆り立てております。
いやぁ、こんなの映画館で観ないとMOTTAINAI!

ここが一級品!②
「ハラハラドキドキ!止まらないスペクタクル」
もうね、最高。なんと本作、上映時間が169分と尋常ではない長さにもかかわらず
飽きさせませんね。次から次へと試練や事件が起きるので、目が離せません。
約3時間あったとは思えないくらいの展開の数々に圧倒されました。
魔法のような3時間。これは純粋にすごい。

ここが一級品!③
「SF好きにはたまらない展開の連続」
これはね、ネタバレになるから詳しく言えない(笑)
ただね、ホント良かった。ノーラン監督らしい巧妙な展開に拍手。
SF好きにはもう堪らない要素が用意されていて、あ!ダメだ!
言いたい!言えない!みんな観に行くんだ!!(笑)

ここが一級品!④
「壮大な世界で描かれる父と子の絆」
これ、本作の肝です。
愛って、一体何なのか。家族とは一体何なのか。
本作で唯一「科学的ではない部分=愛」もしっかりと丁寧に描かれています。
号泣レベルではないにしても
親が子を想う気持ちや、子が親を信じる気持ちには、きっと共感して
感動できるはず。



いやぁ、ほんとにここまで3時間を有意義に見せてくれるとは驚き。
3時間の中で、何度も感動したし
ハラハラして手に汗握ったし
ものすごく集中できたし
久しぶりに立派なSF映画を観たって感じです。
こんなに余韻がある映画ひさしぶり。

断然、オススメ!


※以下に該当する方はこの作品の鑑賞をおススメしません。

1.長時間座ってられない方
2.寝不足な方
3.SFがどういうジャンルかわからない方
4.お子様(脳内的な意味で)
5.単純明快な作品が大好きで、難解な辛気臭い映画は苦手な方
6.宇宙に興味がない方
7.記憶力が低い方
8.「マトリックス」「インセプション」を観たがよく分からなかった方


いやいやいやいや。
これだけ観れる人が限定される映画って、どうなのよ。(苦笑)

コメント

nontan
No.1 (2014/12/08 15:34)
観れる人が限定されるってのは納得ですね。
私も大いに満足したクチですが、ネット上でレビューを読んでいると
「全然わかんな~い、つまんな~い、よくわかんないけど矛盾してるんじゃないの~?(文系)」
みたいな残念なコメントがけっこうあって悲しいですね。
アムロ大尉 (著者)
No.2 (2014/12/08 22:22)
されますよねー。
人を選ぶ映画って、映画としてどうなんだって疑問は残りますw
粗探し隊が活動しすぎて、それに合わせてノーラン教の教祖たちも反発してワケのわからんレビューが多いという印象でしたw
物凄く楽しめた側としては、粗探しは残念ですよねぇ。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事