アムロ大尉のブロマガ

オリエント急行殺人事件

2017/12/11 01:28 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
映画観賞価値:1300円

<感想文>
原作未読で、尚且つ過去の映画化作品も観ていないからなのかもしれない。

純粋に面白かった。
ミステリーとして「そりゃ傑作って言われるわな」と納得する素晴らしい推理モノでした。

ただ、これはアガサ・クリスティーの原作が素晴らしいわけで、じゃあ映像化するにあたって何か見ごたえある工夫がなされていたかというと微妙。

というのも、本作は殺人の舞台となる急行列車の図面がひとつも出ず、登場人物たちも流れるように紹介されてはフェードアウトしていくので、実は人によっては「よく分からない」まま真相を見せられるのではなかろうかと思う仕上がりだったから。

「完璧なアリバイ」と言われても、詳細の解説もなく、どの人物の話をしているのかも顔と名前を事前にしっかりと一致させていないと理解しにくい。
ケネス・ブラナー演じるポアロはいい味出てるし、豪華俳優陣も個性的で、そこだけでも見応えはあるのですが…
なにせ観にくい(苦笑)

もっとスマートに、ハイテンポに、そして万人に理解しやすいような工夫があれば大ヒットするのになぁと思いながら観ていた2時間でした。

テンポがわりかし遅いので
眠たかったら、たぶん中盤転寝しちゃうかもしれません。
素晴らしいのは原作であって、あえてそれを大画面で観る必要性があるのかと言われると、答えは「ノー」です。

興味がそこまでないのであれば、小説を読んだ方が良いかも。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事