アムロ大尉のブロマガ

ゴースト・イン・ザ・シェル

2017/04/11 23:12 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ゴースト・イン・ザ・シェル
  • アムロ大尉
  • 映画レビュー
  • エンターテイメント
映画観賞価値:1500円

<あらすじ>
近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨(せいさん)な事故に遭い、脳以外は全て義体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。

<感想文>
「日本のSFアニメの金字塔が、ハリウッドで遂に実写映画化!!」
…と銘打っている本作ですが
そもそも。
そもそも、「攻殻機動隊」シリーズは果たして本当に日本のSFアニメの金字塔なのでしょうかという疑問も抱いてしまったり。
確かにあの「マトリックス」をはじめとした、多くのSF映画に影響を与えたといわれていますが、日本国内で大ヒットしたアニメかどうかと言われると、微妙なラインな気がするのです。

決して作品自体が悪いわけではなく、どことなくマニアックというか、それこそ「オタク向けアニメ」ではなかろうかと私は思っているので
日本人のほとんどが漫画・アニメ・映画原作を知らぬままに本作を観ることになるんじゃないかな…という心境でレビューを読んでおりました。


本作を観た感想としては、概ね良作ではなく
中の下…でしょうか。
予告編や、キャッチコピーの割りには「フツ―なSF映画」なのです。
やたら期待させたうえでの「フツーなSF映画」なので
どうも出来栄えが「中の下」に感じます。

具体的には

ここが「中の下」だよ①
【B級映画感MAXの世界感
この段階で好き嫌いが分かれるんですよね。舞台は一体どこなのだろう。アメリカなの?中国なの?日本なの?また、中国みたいな日本なの?(苦笑)
ネオン光りまくるビル群は、東京というより上海。しかしながら、ビルの高さや形はマンハッタン。文字は漢字だらけで中国みたいだけども、芸者ガールの巨大広告が多数…。
奇抜だし、どこか分からない良さがあるのかもしれませんが、万人受けはしません。

ここが「中の下」だよ②
【見せ場は結局予告編のあのシーンだけ
これ、マーベル映画にもありがちなのですが、ホントに予告編で「おぉ!」と思ったシーンしか見せ場がない。マーベルよりも劣るのは、その予告編のあのシーンも短く、そこまでスゴイシーンではないという点です。
「さすがにあれよりもデカい見せ場があるんだろ?」と思っていた皆さん。
残念。あれがピークです。(苦笑)

ここが「中の下」だよ③
【クライマックスは案の定、夜】
久しぶりにうんざりしました。確かに、原作の攻殻機動隊も夜の場面での活動が多いので再現としては上手なのかもしれません。
でもさ、やっぱり観にくい。何やってるか、わかんねぇんだわ。
せっかくのアクションも、特に「おぉ!!」なんて盛り上がることもなく、「多分…こういう動きをしてるのかな」なんて思って観るしかない。
まるで予算がなかったからクソCGになり、それを隠すために暗闇のシーンにしたのかなと思うくらいです。

ここが「中の下」だよ④
【世界のキタノの活舌が絶望的】
これはほんとに驚いた。北野武さん、何言ってるか、ほとんど聞き取れません。(苦笑)
初めて英語字幕を観ていました。
劇中、北野さん演じる役は一人だけ何故かずっと日本語で話すので、英語字幕が出ます。で、北野さんがあまりに何言ってるのかわかんないので、まさかの英語字幕で「あぁ、こう言ってるのか」と理解する始末。
ある意味、スゴイ。


というわけで、悪くはありません。
散々言ってますが、原作へのリスペクトはとても伝わってきます。
草薙素子という日本人だったはずの少佐を、外国人が演じていることについてしっかりと辻褄も合わせ、楽曲や演出もできる限り原作に寄せているあたり、うれしい気持ちにはなります。
日本語吹き替え版キャストが、アニメのキャストと同じなんて、しびれます。
ただ、そんな気持ちになるのはあくまで「攻殻機動隊」に触れていた層です。

攻殻機動隊を知らず、単にSF映画を観る気持ちで鑑賞した場合は、この作品は一気に
「B級映画」になり下がってしまうのです。


攻殻機動隊シリーズのファンの皆さんは、観に行ってもいいかも。
そうでない、純粋なSFファンの皆さんは、観に行かなくていい作品です。(苦笑)

コメント

ガLL
No.1 (2017/04/11 23:44)
ジャッキーかアサシンクリードかキングコングの感想もよろー どれか見る予定w
アムロ大尉 (著者)
No.2 (2017/04/15 01:23)
ん?アサシンクリードとキングコングはすでにレビューしてますよー!w
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事