アムロ大尉のブロマガ

SING/シング

2017/03/26 21:08 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • 寝具
  • SING
  • アムロ大尉
  • エンターテイメント
  • 映画レビュー
映画観賞価値:2000円

<あらすじ>
劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。

<感想文>
CGアニメは往々にして面白いという自論があります。
それは何故なのか…
実写映画との大きな差は「表現」の違いかなと思います。
実写でやるとわざとらしかったり、くどく感じる表情や動きが
CGアニメではスッと受け入れられるのが最大の強みでしょうか。
本来伝わりにくいニュアンスや、感じにくい空気感がどの層にもスッと入るからこそ
理解しやすく、感情移入しやすい作品として評価を高くもらえるのだと思います。

で、この「SING」という作品。
これは絶対に劇場で観ていただきたい傑作であるのは間違いないのです。
…なんて、やたら高評価で紹介すると期待してしまって
「おいおい、期待外れじゃねーか。」というクレームが来そうですが(苦笑)
それでも、劇場に足を運ぶ価値がある作品なのは確かです。


「SING」のココが面白い!①
【個性豊かな動物たちのコミカルな動きと豊かな表情】
「ズートピア」は、人間界を風刺したような意図があっての動物表現を使っていましたが、本作は純粋に、人間の代わりに動物を使っているだけであり、「ズートピア」で絶賛されたような深い理由は特にないです。
が、動物それぞれのシルエットが思いっきり差別化されていて、見た目だけでも個性が見事に表現されていることに驚きます。本来「ありえねーよ」と思うくらいに誇張されて描かれている動物たちが愛らしく思え、より感情移入しやすくなっています。
また、この作品も例外なく、みんな表情豊かです。それぞれのキャラクターが一体どんな気持ちになっているのか。それがとても早く伝わりやすいので、文句なく理解しやすい!


「SING」のココが面白い!②
【誰もが共感できる「素人が夢へ挑戦する」というサクセスストーリー】
本作最大の魅力はなんといってもストーリーです。なりたい自分になれぬまま生きていく人の方が多い中、そんな人生のルートから外れて「なりたい自分」を目指す姿には誰もが心の中で応援するだろうし、勇気づけられることでしょう。そんな姿を、この作品に登場する動物たちが見せてくれるのが素敵です。
登場動物それぞれが抱えている過去や、家庭、自分自身のコンプレックスとどう向き合っていくのか。みんなはどんな風に、そんな仲間たちをそれぞれが支えていくのか。必見です。
ちなみに、吹き替え版を観ている私ですがラストのコアラ支配人の"あるセリフ"には感動しました。「あぁ、この映画のタイトルって、そんな意味が込められていたんだ。」と、そこだけでも胸にグッときます。そこに気づかせるためにあえて吹き替え版でも字幕を入れるあたり、演出家のセンスが光っていました。



「SING」のココが面白い!③
【ビックリするほどテンポの良い展開と構成】
この作品、ほぼ2時間と一般的な映画の上映時間ですが、驚くほど短く感じます。
場面の切り替わりが上手いタイミングで変わり、展開も必要最低限の情報をシンプルに伝えたらすぐ次の場面に切り替わります。これが観ていて気持ちが良かったです。
物語の展開も非常に分かりやすく、それを何の違和感もなくバンバン進めていくわけですから、寝る暇ももちろんなく、最後まで集中できます。



「SING」のココが面白い!④
【得した気分!?劇場が、本当にコンサート会場になるレベルの歌の数々】
ここが「劇場で観てください」と太鼓判を押したくなる最大の理由です。
本作、上記3点のみの魅力なら正直「レンタルでも堪能できるじゃないか。」と思うのですが、この作品がほかのCGアニメ作品と一線を画しているのが「コンサートがある」という点なのです。
劇中、動物たちは何度もコアラ支配人の取り仕切る劇場で歌を披露します。その歌のレベルがどの歌もめちゃくちゃハイレベルであり、映画館の最高の音響設備で聴く価値が十分あります。この点だけで「映画館で映画を観た」という気分にプラスして「コンサート会場でプロの歌を聴いた」という気分を味わえるのです。
さらにさらに、ネタバレしたくないので詳しくは言いませんがラストの展開は「映画館で」「知らない人たちと観ている」という環境が、劇中の状況と見事にリンクして感動が2倍になります。
いやぁ、これはもはや映画館で観て、感動するしかないぜ。


というわけで、久しぶりに「これは映画館で観て良かった」と思えるCGアニメでした。
吹き替え版もかなりレベルが高く、中には声優初挑戦の歌手も数名いますが、どの方も本気で演じてくださっているんだろうなと分かるくらいに上手です。
なんなら、事前知識がなければ芸能人が吹き替えをしているなんて気づかないレベルです。

夢を追いかける姿を応援し、
エンターテイメントの面白さを味わい、
仲間と生きる素晴らしさを噛みしめ、
自分を「認めてくれる人がいる」ということに涙し

最高のショーを観て感動する。

エンディングで思わず拍手をしてしまうステキな作品を
みなさんもぜひ、家族や友人、恋人とご覧になってください!




コメント

アムロ大尉 (著者)
No.3 (2017/04/02 01:36)
あら、うれしいコメントですな♪
一度観ていただいて、感想をお聞きしたいです!
DN
No.4 (2017/04/11 23:15)
今月の22,23日のいずれかで彼女と見る予定です
大尉のレポを見て、より一層期待とワクワクがもてました。

素敵なレポをありがとうございます
アムロ大尉 (著者)
No.5 (2017/04/11 23:33)
おぉ。デートムービーとしても最適な作品なので、楽しんできてくださいね♪
素敵なレポと言っていただき、ありがたいです!!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事