アムロ大尉のブロマガ

劇場版:名探偵コナン~純黒の悪夢(ナイトメア)~

2016/04/16 15:46 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 名探偵コナン
  • 純黒の悪夢
  • アムロ大尉
  • 映画レビュー
  • エンターテイメント
映画観賞価値:3000円

<あらすじ>
ある夜、日本の警察に侵入したスパイが世界中の組織の機密データを持ち出そうとするも失敗。公安警察の安室透とFBIの赤井秀一の追跡によって、スパイの車は道路のはるか下へ転落する。次の日、東都水族館に遊びにきていたコナンたちは、ケガをした美しい女性を見付ける。彼女は左右の瞳の色が異なるオッドアイで、記憶を失っていた。そんな彼女とコナンたちの一部始終を、黒ずくめの組織のベルモットが見つめていた。

<感想文>
コナン映画もいよいよ20作目です。
長いな。
単行本を毎回買いつつも、流し読みをしつつ
でも映画だけは楽しみにしている私も、昨年の「業火の向日葵」で
「あぁ。ファン向け映画になったのはいいとしても、いよいよキャラPVにまでなり下がったのか。」
と多少の残念な気持ちは抑えきれず。

そんな中で迎えた20作目。
予告編を見る限りまるで最終回かのような見せ方に「詐欺臭いな」とも思ったし
殺人事件起こらないからまた茶番程度の事件であとはアクションかなとも思ったし

ところが


めたくそ面白かったです。
ビビりました。
コナン映画史上最高のノンストップアクション!!!
ミステリー!?いや、サスペンス!!
コナン映画史上最高の展開にニヤニヤが止まらず
コナン映画史上類を見ない切なさに涙もあふれる始末。
素晴らしい。

ではでは、コナン映画史上最高だった箇所をまとめてみました。


見所①
[コナン映画史上最高のカーチェイス]
本作には、コナン映画とは思えない大迫力のカーチェイスが繰り広げられます。
カメラワークが素晴らしく、スピード感を体感できるだけでなく緊迫感も煽られ、手に汗握ります。「頭文字D」なんて目じゃない。
推理漫画だと思わせないレベルの怒涛のカーチェイスには拍手です。

見所②
[コナン映画史上最高のオープニング]
「俺は高校生探偵、工藤新一。幼馴染で同級生の…」から始まる例のオープニングですが、なんと大幅リニューアル。子ども向けアニメとは思えないスタイリッシュでクールな編集がなされています。
B’zの松本さんが演奏するエレキギターで流れるメインテーマと相まって最高のかっこよさ。「めちゃくちゃカッコいいやないか工藤…」と冒頭から惚れます。
是非劇場で楽しんでください。

見所③
[コナン映画史上最高の超人集合回]
ファンなら分かる狙撃の名手:FBIの赤井、ずば抜けた格闘術を駆使する公安:安室、謎の美女、国家レベルの事件を平然と引き起こす黒の組織面々、そしてずば抜けた推理力とスケボー能力を持つコナン。超人たちが魅せる心理戦、推理戦、肉弾戦、銃撃戦、救出劇…どれも凄まじい勢いで展開されます。
人間とはいったい何なのか。そんなことを考える暇すらない圧巻の映像の数々には息を飲むこと間違いなし。畜生、どいつもこいつもカッコいいじゃないか!!!!
ファン、感激です。

見所④
[コナン映画史上最高に推理のない、緊迫した切なすぎる脚本]
少し切ないエンドを迎えた「ベイカー街の亡霊」を凌駕する、櫻井さん手掛ける切なくも美しい人間ドラマには感無量です。
途中、クスッと笑える展開もあるものの、大人も子供も心を揺さぶられる登場人物の織りなすドラマ…くぅうううううううううううう!!
劇場では、鼻をすする音も多数。観客を引き込む演出が相乗効果を得て、本当に素晴らしいストーリーに仕上がっています。
さらにさらに、テンポ良すぎて2時間とは思えない疾走感。すごく完成された脚本でした。

見所⑤
[コナン映画史上最高に活躍しない人々]
なんと、毎年恒例の「結局またそれかよ。」なお決まり展開はありません!恋愛大好きなみなさん残念です。あの超人の代名詞とも言えるヒロインが、まさかの空気!そう。黒の組織の話が濃すぎて彼女が入るスキなんてないのです。
もちろん、迷探偵が出る幕すらありません。
でもそれで良かったかな。新しい試みだなぁと思って観ておりました。


ということで、コナンファンだけが楽しめる!
間違いなしの名映画!
たった一つの事件も起きない!
犯人もいない!
最初から最後までひたすらサスペンスアクション!
文句なしのエンターテイメント映画に仕上がっています。

ここまでエンタメに特化した最高作品を作り上げた静野監督。
コナン映画をエンタメとして進化させることに見事成功したのではないでしょうか。

推理なくてもいい!
コナンが好きだ!
って人は絶対に観に行ってくださいね!











コメント

DN
No.1 (2016/04/16 15:48)
レポ期待してました!

レポ見て、wktkが更に増しました!
アムロ大尉 (著者)
No.2 (2016/04/16 16:13)
是非観に行ってね!
普段活躍するキャラはみんな空気だよ!www
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事