チルノなIT技術者のブロマガ

新日暮里鉄道 剛工業線 (架空鉄道紹介)

2013/03/04 22:15 投稿

  • タグ:
  • 雑記
  • 架空鉄道
  • 新日暮里
  • レスリングシリーズ
新日暮里鉄道(GayR) 剛工業線は東京都の特別区である魔羅河区新日暮里と
(有)ツヨシ工業の8.10kmをつなぐ通勤、貨物運搬路線であり新日暮里からは
JR線に乗り入れツヨシ工業の製品を全国のゲイ、そして船、航空貨物機によって
アメリカ合衆国新日暮里特別区への運搬なども行っている。

停車駅
  • 新日暮里 (しんにっぽり) - GayR本線乗換駅
  • 新日暮里南(しんにっぽりみなみ)
  • 張栖町(ちゃんすちょう)
  • 未知之領域(みちのえりあ)
  • 東阿津(ひがしあっー!)
  • 阿津中央(あっー!ちゅうおう) - GayR 臀部線乗換駅
  • 発展(はってん)
  • 剛工業(つよしこうぎょう)
始発駅新日暮里はGayR本線との乗換駅で、ほとんどの電車がGayR本線に
乗り入れるため新日暮里駅はただの中間駅扱いのようになっている。

新日暮里南は魔羅河区にあるノンケが住む特別地区の最寄駅で、かつてこの
地域が新日暮里と呼ばれていなかった頃に住んでいたノンケが新日暮里と
変わった今でもここが安心と言って住んでいる地区である。

張栖町は新日暮里特別区開拓に貢献した清一弥(きよしがずや)の名言である
「すべてはチャンス!」と言う言葉を受けて発展した街で、いろんなチャンスを
求めゲイや一部のノンケが訪れる場所である。(日本で売られている宝くじで一等と
前後賞の当選率を誇っているチャンスセンターはこの街に存在する。)

未知之領域は同じく新日暮里特別区開拓に貢献した清一弥の名言である
「未知のエリアへ!」から取られた地名を持つ場所である。

しかし未知数な場所であるがためゲイもノンケもあまり住まず、バイセクシャルの
人種が住むと呼ばれる場所であり、この区域には本物の女性の姿も見られるらしい。
パワーズボットである「未知之寺(みちのじ)」がある。

東阿津は魔羅河区の第二の中心地阿津の東に位置する街で、オフィス街となっており
開拓当時の発展場は姿を消し、ゲイ、ノンケ、バイセクシャルが働く場所となっている。
このエリアでの発展行為は10年以下の懲役が科せられるため発展場は存在しない。

阿津中央は魔羅河区の条例により原則としてノンケが駅ビルより外へ出る行為が
禁止されており、ノンケはGayR臀部線に乗り換えるかアッー!トレ阿津中央(表記は
AXTUTRE阿津中央)(駅ビル)での買い物のみとなっている。

魔羅河区の条例で禁止されてはいるがノンケが駅ビルから外に出ても罰則はない。
しかし、餓えたゲイたちによって必ず掘られるという事件が多発しているため
魔羅河区がノンケ保護の観点から駅ビルより外へ出ないように規制を行っている。

当駅エリアには発展場が多数存在し、駅前には存在しないが一歩路地を入ると
発展場と思われるホテルや公衆トイレなどが軒を連ねているという場所である。

発展は阿津の西地区に存在しファックミーコンピュータ(通称ファミコン)や
GaymeBoy、ωii、Hattendo ωDSなどを開発した発展堂(Hattendo inc.)の
本社が存在する。

かつては発展場も存在したが清一弥が亡くなったゆかりの地であり、遺骨が
祀られている発展寺(はってんじ)が建立されたこともあり魔羅河区の意向で
発展場は阿津中央付近に置くこととなり阿津の他の地区は条例で発展行為を
禁じるようにした。

終点剛工業は(有)ツヨシ工業の敷地内にある駅で、従業員用と一般客用の
改札および出入り口が存在する特異な駅である。

旅客はこの駅までであるが、貨物はこの先ツヨシ工業ターミナルを経由し
魔羅河貨物駅までの4545mまで続いている。

(有)ツヨシ工業の創業者は魔羅河区新日暮里の開拓に貢献した清一弥であり
新日暮里のゲイたちに開かれた職場をと言う意向で作られた。

(有)ツヨシ工業では新日暮里内で使われる工業製品の69%を製造しており
残りの31%はアメリカ合衆国の新日暮里特別区の(有)ツヨシ工業から輸入している。

現在の社長は3代目清一弥を襲名したダニー・リー(日本名 木吉和也)であり
現在の目標はなんばパークスに(有)ツヨシ工業の営業所を持つこと。

□関連記事
 新日暮里鉄道 本線 (架空鉄道紹介)
 http://ch.nicovideo.jp/amity/blomaga/ar460931

○2013/03/05 内容を修正。
 2015/03/14 一部表記を修正。
 

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事