┏(┏`・ω・)┓のブロマガ

【アイドルマスター2】Little Match Girlのスコアアタックとバースト技術【ゲーム】

2014/10/05 13:00 投稿

  • タグ:
  • バースト技術
  • 隠しアピール
  • アイドルマスター2


Little Match Girlは9:02PMとは別の方向でちょっと特異な性質を持っていて、スコアアタックは一見簡単なようで難しいように見えるし、フェス、オーディションでも他曲とはちょっと異なるのは、打ったプレイヤーなら分かると思います。

他の隠しアピールはともかく、上記動画では、バースト技術2種類(詳細は⇒ar472919で)

  1. バースト前自動加算前倒し技術
  2. バースト後自動加算時アピール技術

の2つを使っています。そしてこの2種類はこの曲では難易度はそれ程高い訳ではないので、短縮技がある程度入る方なら、スコアアタック用データ作成と根気(←これが大事)があればいけると思います。

そして今回もう一つのバースト技術である

・バーストMAX時隠しアピール技術(アピールバースト)

を追加したものを上げて見ました。





点数を上げるためが目的かもしれませんが、以前からバースト技術参考動画をなんとか打てないものか?と考えていたのですが、漸くそれらしきものが打てたので参考動画としてあげてみました。(本当はコミュ限がいいのかもしれませんが)

バースト技術はかなり分かり難い(トリプルアピール等と比較すると)のと、なんでこんなものを使うのか?という方も、もしかしたらいるかもしれないので、動画で目で見てもらうほうがいいと思いました。

小技かもしれないのですが、結構難しいです。1バースト目と3バースト目にそれぞれいれていますが、曲の長さの問題等(抜けの発生による自然減衰、打ちミスによるもの)で、バースト出来なかったり、点数が落ちたり、ドライブが起きなかったり・・・

めぇくぃーん御守りはゲージの伸びが悪いため、短縮技が抜けると自然減衰の影響を一番受けやすいので工夫が必要です。

動画を比較すると、2チェイン増えているのが分かると思います。アピールバースト時の加算分です。

しかしこれを組み合わせる事での点数が無視できないぐらいは伸びますし、以前記事に書いた隠しアピール記事と組み合わせて、この曲に限らず隠しアピール技術の一つとして参考にして頂けると幸いです。

良いアイマス2ライフを。

(余談)
苦労話を書こうかと思ったんですが膨大になりそうなのと、トップランカー達(ガチ勢)がどうやってLittle Match Girlで97000点後半をとっているのかほんの光明だけ見えたのですが、それは書きません。面白くなくなるからというのがありますが・・・

Little Match Girlのスコアアタックを初めて行ったのはユニットlv15縛りの時でしたが、その時で82000点台。2013年10月に投稿した動画でした。技術はまだまだ不足でした。その意味ではフェスを含めず、あしかけ1年以上かかった事になりますし、97000点台を望むなら今後も打ち続けるかもしれませんが、その欲はないです。これで十分かと思っています。

後は【打ってみたい】と思う時に結構あっさり苦慮していたものをクリアする事があるのも、またこういうフェス縛りやスコアアタックの面白いところです。

今回の投稿動画は点数よりも、バースト技術の組み合わせに注目して頂けると嬉しいなと思います。

           なぜ、バースト技術が重要なのか?

それが、スコアアタックをやってみようと思うプレイヤーに漸く巧く伝わりそうな感じになったかもしれない感があるからですね。それで、コミュ限にせず、公開にしました。

120打曲でのバースト技術はどうにも入りが中途半端だったので、
意味がないのではないか?とか、多少効果がある。ぐらいにしか伝わり難い感じが否めなかった感があります。

後日、ある意味最難関とも言える、自然減衰問題に関して時間があったらまた記載したいところですが、今回はこれで十分かと考えます。

アイドルマスター2はプレイすればする程システムを含めて奥の深さが見えてきて、進むと更にまた見えない部分が出てくる。一言でいえば奧が深いゲームなのですぐに投げずにプレイすると楽しいと思います。

(最後に)
スコアアタックは好きな曲で頑張れると達成感も一段と違います。
個人的にLittle Match Girlはアイマス2の曲の中で最も好きな曲の一つなので
かなり打ち込みました。(全体では愛 LIKE ハンバーガーが一番多いですけど)
皆さんも好きな曲で是非トライしてみると楽しいと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事