┏(┏`・ω・)┓のブロマガ

【アイドルマスター2】9:02PMでめぇくぃーんで4バースト解説?【PS3】

2013/12/09 20:22 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター2
  • めぇくぃーん
  • 9:02PM
  • 4バースト
  • スコアアタック
  • アイドルマスター
先頃動画を上げた9:02PMめぇくぃーんの御守りで4バーストについて簡単に書きます。


いつもは短縮数を数えるのをコミュ限で上げてきましたが、今回は公開で上げました。
今迄は、動画にコメントを入れてきましたが、今回はあまり意味がないと考えたというのがあります。

なぜなら、1打のミスしか許されないという鬼門の曲だから。

ですね。

無論、この場合のミスは短縮ミスの事であって、通常アピールのミスは論外です。
10月末にこの曲の安売り時に購入以来、機会を見て打っていましたが高得点をとるのが
大変です。後でメェクィーンの御守りにする理由は書くとして、メェクィーンで4バースト
の場合以下の短縮が全て必須です。

・トリプルアピール(隠しアピールA)
・思い出短縮4チェイン
・隠しアピールB

どれも1打抜けると後がないか駄目になるので、思い出ドライブも効率良く決めないと、短縮ミスが無くても届きません。かなり打ち込みましたが、なかなか届かずフェスを繰り返しながら短縮ミスを無くす地道なプレイをするしかありませんでした。

(ちなみに上記動画で54チェイン目となる、4チェイン打ちが抜けています。抜けていなければ、そのままバーストできます。)

今回のも偶然の産物が重なって巧く届きました。迷走Mindよりも遙かに厄介なのがよく分かりました。

点数的には大した事はないですが、団結値が低いのが大きいです。

逆を言えば、団結値をMAXにして、スコアタデータなどを使えば、ランキングのように
8万点後半近く届く事ができますが、そこから先は完全にガチ勢の領域なのでここでは触れません。

今回の御守りは4バーストですが、庄助お守りではないため、庄助特有のバースト後の倍率低下を考える必要制がないのが、唯一の良い所です。

具体的に書くと、3バースト終了後にトリプルアピールを入れた後に、思い出短縮4チェイン打ちをする必要がないんですね。庄助はバースト後に倍率が大きく下がるため、思い出で調整しないと使い物にならない短所があるんですね。
それを考慮に入れる必要がないのならば、思い出短縮4チェインなどの漏れを1打でも防ぐため、前半に入れておけば、3バースト後は通常アピールだけ打てば良い事になります。3バースト目を響でバーストできれば、ダンス倍率が1.3に固定されるため点数の伸びの意味でも有利になります。後は4バーストまで届けばそこで倍率を1.5にできれば最高点数を取る条件が一つ満足できます。

まとめると、9:02PMで高得点を取りたいならば、良い打ちとはいえないこのうち方ですが、
前半に難しい技術を成功させておくと、後は楽ができる。というところでしょうか。

4バーストに届かないと、悲しいかな、6万点にさえ届かない事もありますので、
XILLIA会場で練習するのがお薦めです

後日ですが、序盤で9:02PMで高得点をとるにはどうするかを書いていきたいと思います。
良いアイマス2ライフを。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事