あまずさ(著者) のコメント

あまずさ (著者)
No.3 (2016/06/22 23:20)
>>1
大貫剛さんがどういうお考えを持っているのかは図りかねますので、僕なりの考えを述べさせてもらいます。

僕としては別に謝罪があってもなくてもよかったと思います。重要なのは謝罪や減給・謹慎といった処分ではなく、JAXAがどう変わっていくかということ。「ひとみ」の事故の教訓を生かしていくことがこれからのJAXAの責務であり課題だと思っています。
僕は大貫さんみたく「謝罪すべきではない」とまで強く否定はしません。が、日本の謝罪文化ってどうせメディアが写真を撮るだけのパフォーマンスですから、ほとんど意味を持たないと思います。それより次のミッションのことを考えて、事故を繰り返さないための対策や体制を構築する方がよっぽど有益で有意義なことだと思います。
謝罪は別にどうでもいい。重要なのは未来を変えていくことだ!
(よっしゃーかっこいいこと言えた)

あと「科学には失敗がつきもの」だろうけど、それじゃあ失敗してもいいのかっていうとそうではありません。失敗から学んだり、失敗から新発見をすることに意味があるのだと思います。
ではでは、長々と失礼いたしました。

このコメントは以下の記事についています