甘造のブロマガ

こーる おぶ ゆかとぅるふ!6

2019/12/25 11:40 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

時間はかかりましたが…

ほぼ木片でしかないベッドの残骸の中で、その形状をとどめているベッドが1つだけありました。荒れた様子はありませんでしたが、ベッドの下は血が広がっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あまずん「時間がかかったってことは、逆に狂気はもう治ったってことだよね。じゃあ血みどろの部屋の調査に追いつくよ。

シモささ「了解。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あかり「ずん子ちゃん、大丈夫なの?

ずん子「うん、心配かけてごめんね。

ゆかり「私は廊下を見ておきますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あまずん「とりあえずベッドを持ち上げてみる?女子だと二人必要かな?

シモささ「まあ一人でもいいよ。

にゃんあか「とりあえずスマホで照らして様子見するとか?

あまぞん「じゃあ、持ち物に自撮り棒があるから、コレを伸ばしてベッドの下を探ってみていいですか?

シモささ「いいでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

姿勢をかがめて、自撮り棒を伸ばそうとすると、ベッドの下から長い髪の毛が伸びていることに気づきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にゃんあか「絶対死体だあ…

あまずん「見ないといけないよねえ

はつゆか「みんな合流してからでもいいかも?

だやマキ「作戦タイムにする?

シモささ「じゃあ全員合流するんですね。お互いの調査内容はここで共有することにしよう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ゆかり「こっちの部屋は厨房のようでした。遺体がある以外は普通でしたね。

あかり「こっちはベッドルームかな。血だらけすぎてよくわかんない。すごい有様だし、とんでもない殺人鬼でもいたのかな?

ずん子「もしかして、6つの部屋全部こんな感じで、人が亡くなっているのでしょうか…

ゆかり「争いの形跡もありましたし、その可能性はありますよね。

マキ「そういえば、読めないメモがあったんだよね。コレ。誰か読める?

あかり「無理。

ずん子「読めない。

ゆかり「わかりません。

タカハシ「読める。

マキ「そっか……読めるの!?

タカハシ「ああ。読める。

「仲間は全員死んでしまったあっという間だった。
 仲間と協力してこの部屋には防衛術を貼ることが出来たが、もう部屋から出られない。
 食料はあっても時期に底をつく。
 仲間と外で会う日を夢見ていたがもう叶わない。
 これまでの気が狂いそうな日々はなんだったんだ。
 何のためにあの毎日を費やしていたんだ。なんでこんなことになったんだ。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シモささ「ここで知識が一番高い人…ずん子ちゃんだね。<知識>どうぞ。

ずん子「知識?

ずん子<知識85>・・・・・30 成功!

シモささ「じゃあずん子ちゃんは、この言語は読めないけど、どこかで断片的に見たことがあるよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ずん子「ギリシャ語…?

タカハシ「ギリシャ……そうか、ギリシャは、俺の故郷だ。

子どもの頃の記憶を思い出したよ。昔、ボーイスカウトをやっていたな。

怪我の手当てくらいなら俺を頼ると良い。

そう言うとタカハシは少し懐かしそうに笑顔を見せました。

ささら「というわけで、以下の技能が使えるようになるよ。

<応急手当99> <精神分析99>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はつゆか「つっよ!!

にゃんあか「ボーイスカウトのレベル超えてるでしょ!

あまずん「精神分析さっき欲しかったなあ……

だやマキ「ところでコレ、子供の頃の記憶、とかボーイスカウトだとかは信用していいと思う?<心理学>振ってみた方がいい?

※心理学:相手の仕草や声のトーンから、嘘を見破る技能。

ただし、ダイスはKPが振り、判定結果は教えない。

KPが伝える「キャラクターの仕草」を頼りに嘘を見抜く必要がある。

はつゆか「マキさんが振るなら私も<心理学>振りますよ。

シモささ「ゆかりちゃん、<心理学>初期値じゃない。

はつゆか「ええ。だからこそです。

はつゆか「私は確実に失敗しますから、私の結果と比べれば、マキさんの<心理学>が成功したかどうかは最低限わかります。

シモささ「クソかな?

wwwwwwwwwwwwwwwww

※心理学の比較:ゆかりが見る「タカハシの反応(心理学失敗)」とマキの「タカハシの反応」が、同じか異なるかでマキの心理学の成否を裏付けようとするプレイング。

シモささ「えー…とりあえずマキちゃんの<心理学>を振ります。このダイス目は皆には見せません。

マキ<心理学50>・・・・・・???

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マキは、タカハシの笑顔は心からのものであると感じました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シモささ「で~~~、ゆかりちゃん振るの?

はつゆか「いや、KPが許可するなら、でいいですよ。

シモささ「一応言っておくけど、そこまで疑う部分じゃないよココ。

あまずん「心からの笑顔って言ってるし、いいんじゃないですか?

はつゆか「やめておきますか。

※こうした「ルールの穴をつく」プレイングは、好みが分かれる。

初対面同士のセッションでは控えておこう。

はつゆか「いやあ能力値があまりに高いので疑り深くなってしまって。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マキ「あてにしてるぜタカハシ。

ずん子「状況を整理してみましょう。何か恐ろしい者が現れて、厨房の部屋にたてこもった。でも恐ろしいナニカは立ち去ってくれずに、このメモの人は多分飢え死にしてしまった。

ゆかり「そんなところでしょうね。厨房で争った跡もありましたが、戦闘があったのでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はつゆか「メモに“防衛術”ってありましたけど、私たちの“魔術の記憶”をきっかけに何か思い出したりしませんか?

シモささ「特に記憶が刺激されたりはしないね。

はつゆか「その“防衛術”を探し出すことはできないですかね…

だやマキ「ベッドルームの死体はタカハシに見て欲しいかな。

はつゆか「精神分析があるから同行はしてほしいですね。

あまずん「全部の部屋を<聞き耳>だけしちゃうとか?

にゃんあか「元の部屋のアオイホノオもよくわかんないよねえ。

シモささ(結論出なさそうだね。少しだけ手伝ってあげるか。

シモささ「……そんな感じで話し合ってると、タカハシが進言するよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

タカハシ「死体を見るのはお前たちには刺激が強いだろう。ベッドルームは俺が調査しようか。

ゆかり「さすタカ

マキ「さすタカ

マキ「私はタカハシを手伝うよ。人手が必要だろうしね。

ずん子「別の部屋の音を聞いてみましょう。

ゆかり「私も他の部屋の音を探ってみます。

あかり「厨房をもう一回調べようかな。

ささら「じゃあベッドルームのタカハシ、マキ組からね。

・・・・・

タカハシ「なるほど、ベッドの下に死体があるな。ベッドを持ち上げよう。

マキ「待て待てまって!グラサンかけておくから。

ベッドを裏返すと……女性が背中を一突きされて絶命していました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だやマキ「SANチェックかー

シモささ「でもマキちゃんは、もう死体を一度見てるから慣れたってことで、チェックなしで良いよ。

※慣れ 何度も同じシチュエーションでSANが減ることはない。

高校生探偵が殺人事件程度では驚かないように。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その女性は背中を一突きだけされて絶命していました。
 五体をとどめていたのはこの部屋では唯一の人間です。
 無と返した部屋の中で唯一彼女だけが、何かを訴えるように右腕が差し出され
 手には『紙切れ』がありました。

マキ「紙切れ、何か書いてるかな?


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事