天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

反欧米の姿勢を見せるアルゼンチン政府への米国司法の嫌がらせ デフォルト圧力を強めさせる判決

2014/08/23 22:55 投稿

  • タグ:
  • アルゼンチン
  • デフォルト
  • ヘッジファンド
  • 欧米国際金融財閥
  • 司法
  • 債券
  • 国債
  • BRICS
  • 有料記事
【今回の話題】

アルゼンチンの債務返済問題を巡って米国の司法が嫌がらせを
おこなっている。

アルゼンチンがデフォルトするように追い込もうとしている。

アルゼンチンが欧米とは違う自立路線を取ろうとしているためだ。

今回の判決は、2001年に破綻したアルゼンチンが債務削減に
応じた9割の債権者の国債を新たに発行する
国債と交換し、
返済を続けることを違法と判断。


国家の破綻懸念よりもヘッジファンドの利益を最優先する今回
の判決は米国の司法が国際金融勢力に乗っ取られている
のを
証明する事態で、国際社会の反発がさらに強まりそうである。


今回のニュースの背景と、経済や家計への影響をお伝えする

<参考記事>アルゼンチン国債交換違法 米地裁判断  
しんぶん赤旗 2014年8月13日


<関連リンク>国際法廷が欧米の国際金融軍事財閥の道具にされている。欧米で相次ぐ判決。TPPを拒否するべき理由

bd8fed351395f5c58085446b23006d9c04f47eab

1cacf778d6981e21aed0050c1d80dfa5c9dc2e13

3edff80418f45415d66aec6e27f2cf35089817b7

<以下有料>

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細