天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

【有料】懸念される国債価格の下落リスクと金融機関への影響について1 原因から今後の流れを全体像から説明

2014/04/30 04:24 投稿

  • タグ:
  • 国際金融財閥
  • 財界
  • 民主主義
  • 資本主義
  • 株主資本主義
  • 財政赤字
  • 国債バブル
  • 不良債権
  • 通貨発行権
  • 日銀
====================

マネーと政治経済の原理からニュースを読む

====================

【今回の話題】
国債バブルが作られる原因から、
今後の流れまでの全体像を自由民主主義
の全体像のモデルから解説。

今回は、バブル崩壊とその後のデフレ不況の結果
もたらされた財政赤字の拡大まで。


29d05a5610e71f9fe51b2f57cfa71ee9dad9c053

a21df404224c42047a99dc792cddae46ef3d875b


■参考記事

2014年4月24日 日本経済新聞 
「金融機関 金利1%上昇なら債券の評価損7.5兆円」

2014年4月24日 日本経済新聞 
「公的年金運用を考える 国債価格下落に備え」

■記事の分析とその背景 経済や家計への影響
 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細