天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

日比谷の反秘密保護法反対集会に参加 秘密保護法と民主主義に必要不可欠な「真理」との関係

2013/11/22 07:51 投稿

  • タグ:
  • 米国
  • アメリカ
  • 秘密保護法
  • 安倍政権
  • ジャーナリズム
  • 山本太郎
  • 国際金融
  • 民主主義
  • 憲法
  • 法律

  c0774b34e707c4a8a060db8d8185767f8a17ab78

21日の木曜日に日比谷野外音楽堂で行われた反秘密保護法の集会に参加してきた。

その時の現場の写真。

この悪法に反対するために約1万人と言われる人たちが集まりデモを行った。

様々な組織が参加していて、超党派でこの法案への危機感を持っていることを実感した。

各組織の代表者達の演説では、「知る権利が無ければ民主主義は成り立たない」
ということが強調されていた。

全くその通りで正しい情報(真理)が無ければ民主主義は成り立たない。

何故なら、民主主義とは「普通選挙制度」に基づく制度だからだ。

普通選挙制度とは、複数政党制で、成人に一人一票が与えられ、
国民が時の政権を選挙で選択する事が出来る
制度のこと。

その基本的な権利は以下の通り。

 

自由(行いたいことをする営み)

 

平等(同じであること)

 

友愛(同胞愛、連帯)

 

真理(本当のこと、正しい情報)

 

4つの権利に大別できる。

3e94de0f5a99fad78a6e364f5effae5e8fb2d425
 

この4つの権利は、一見、現実感の無い抽象的な理念に見えるが、
具体的な権利として法律で保証され、私たちの日々の生活に根本的な影響を与えている。

 

例えば、

 

自由→複数政党制 (言論の自由、思想信条の自由、結社の自由、与党を批判する自由など)

 

平等→1人1票 (立場、性別、経歴、所得に一切関係なし)

 

友愛→選挙権は日本国民に与えられる (国民主権、地方自治)

 

真理→政党を選ぶ際の判断基準 (各党の政策、情報開示、公正な選挙、知る権利)

そして普通選挙制度で政府が決められる民主主義であれば、この4つの権利は
必ず発生する。

民主政治の科学的原理なのである。

これらの権利は、人類が文明社会を作り始めてからの歴史を見ると、
今から僅か200年ほどの間で認められてきた権利に過ぎない。

民主主義以前は、時の権力者を批判する自由は無かったので、
弾圧されることを
覚悟しなければならなかった。

日本の場合は、戦前は天皇主権の下で制限された民主主義。

 

戦後は国民主権の下で民主主義を営んできたというのが一般認識である。

(実は国民にばれないようにアメリカを管理する国際金融軍事権力が
しっかり操作してきたのだが。)

現在、安倍自民党の下で進められているのは、この民主主義の諸権利を「公の秩序」
の名の下で、制限していこうということだ。

 

真っ先に制限の対象になってきたのが、秘密保護法によって制限されることになる、
4つの権利の一つである「真理」である。

9bd0c6f7de71ff4cfd738164754a921a714d5df4
 

実は、従来の民主主義において自由、平等、友愛(この三つはフランス国家の
スローガンにもなっている)で語られることはあっても、これに真理を付け足して
語られることは殆ど無かった。(少なくとも私の少ない知識では見たことはない)

その理由は、従来の民主主義の下では真理という言葉が「無意識化」されてきたからだ。

自由や平等などの言葉と同じように真理と言う言葉も強調すれば、
市民は事の真偽を考えるようになってしまう。

市民にはマスメディアや学術機関が与える情報だけを鵜呑みにしてもらえれば良い。

 

市民には自由、平等、友愛の諸権利を与えるのだから、考えるな!

これが従来の民主主義の操作方法であった。

 8f1339cd19a959b6c27cc4a64a1bdb99fc508fe0

 

しかしここに来て秘密保護法案を巡って民主主義の下での真理の権利が
クローズアップされてきた。

民主主義には、自由、平等、友愛と共に、真理がなければ成り立たないということを、
今こそ、「意識化」する時である。

その時に、従来の欧米型民主主義を超克する新しい民主社会が実現していくだろう。

91e1d5d1303af5f27e183cdcdab8f9f9ecc766ee

 


<参考リンク>「情報隠し」反対1万人=秘密保護法案「希代の悪法」
―撤回求め集会・東京(時事通信) - Y!ニュース

<参考リンク>7.21運動で講演 日本がお手本にしてきた欧米型民主主義の矛盾を克服する方法
==================

【募集】
 メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
皆様からの相談や要望を募集しています。
どんな些細なことでも結構です。
メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。

 応募はこちらから。http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055



6a4fb4f508be96aab7e7c528bb4c42f4f47b1ba9



【成甲書房からの内容紹介】

そうだったのか!マネーと民主主義、すっきり分かる!お金の秘密、世の中のカラクリ。
とっても重要なのに、あなたはなぜか知らされていません!
マネーがどのように生まれ、どのように無くなるのか、どのような性質を
持っているのかを理解していますか?
複雑怪奇に見える金融システムがひと目でわかる図解解説版。
こんなに簡単に読める金融の本は今まで見たことがない!。
本書ではどのようにしてマネーと民主主義が生まれたのか、
社会派ファイナンシャルプランナーの天野氏が、マネーの支配者によって
民主主義と経済が操作され、利用されてきたのか、
さらにはその克服方法までを分かりやすく記述していきます。

==================

【募集】
 メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
皆様からの相談や要望を募集しています。
どんな些細なことでも結構です。
メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。

 応募はこちらから。http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細