天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

(有料)サウジ領事館のジャーナリスト殺害の余波でイラン産原油の輸入が容認される

2018/11/04 20:20 投稿

  • タグ:
  • イラン
  • 原油
  • サウジアラビア
  • カショギ
  • トルコ
  • トランプ
3d23560d27106f33dd98ac7db2905bc0c56172d3

トランプ政権によるイラン制裁が11月5日から始まる。
それに関連して、トランプ政権がイラン産原油の輸入
の全面禁止を各国に求めていたが、日本、インド、
中国などの8か国には180日間だけ輸入を認める方針を
明らかにした。

この米国の政策変更の背景にはサウジのジャーナリスト
殺害事件の影響がある。

原油価格の上昇懸念と今回の政策変更について解説する。

<参考リンク>

米、日本の原油輸入容認 イラン産、制裁容認復活後も  
11月3日 日本経済新聞 

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO37301570S8A101C1MM8000/


 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細