天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

ロシア政治経済ジャーナルの北野幸伯氏から拙著『嘘まみれ世界金融の超最大タブー』の書評をいただく

2016/12/23 05:20 投稿

  • タグ:
  • 無料
  • 北野幸伯
  • ロシア政治経済ジャーナル
  • 嘘まみれ世界金融の超最大タブー

■最新刊

98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee 

マルクスもケインズも触れなかった

嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

☆2016年12月6日全国発売☆

amazon 経済学ランキング1位

購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

■絶賛発売中の本

8e7c1dbc81dfb5b5d703335c2f2c7ec9ef203e5211efe7c17d9b3d9265132b19f30b765c41ef7652

<リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論 天野統康 1999円(税込) 4月27日発売 
amazon 経済学ランキング1位  増刷決定!

<リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[洗脳]政治学原論 天野統康
1990円(税込) 5月24日発売

<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』


■講演会

67e02c15fc74ecba539d3245c7fc732b6365c47f


増山れな×天野統康の民主主義緊急事態宣言 公開収録

12月23日(金)
午後3時から 日野駅前 カフェ・コロラド
900円(軽食付き) ドリンク代別
カメラ、音声
コント出演者 スタッフ募集!
renaart1225@yahoo.co.jp
その後交流会あり

■勉強会

<リンク>【勉強会】12/28(水)『金融の世界史』を国際銀行権力と絡めて読む 真の民主社会を創る会


HP

<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


■寄付・支援のお願い

当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

情報発信や研究などの活動を行っています。

独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

是非、皆様のご支援をお願いいたします。

 

・みずほ銀行

・立川支店

・預金種目:普通

・口座番号:2478209

・口座名:アマノ モトヤス

※入金されたお金のご返金は原則としてできません。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

(本文)

a292b4e527fb5047a841f8611ab52b50bdc6a6f3

(北野幸伯氏の名著)

 

 

5万6,000人以上の読者数をもつハイクオリティーメールマガジン

「ロシア政治経済ジャーナル」の北野幸伯(よしのり)氏から
12月6日に出版した拙著

「マルクスもケインズも触れなかった 嘘まみれ世界金融の超最大タブー」

の書評をいただいた。

 

o0220032213756556163.jpg?caw=800

 

モスクワに在住し、ロシアから日本と世界の国際政治経済情勢を

日本に向けて発信してくれる北野氏のメルマガは、情報鎖国になっている

日本にとって貴重な情報の宝庫である。

 

複雑怪奇な国際情勢を誰よりもわかりやすく日本人に対して

解説することができる方である。

 

今回も拙著の内容をきわめて分かりやすく、簡潔にまとめて、かつ

面白く解説していただいた。


是非、ご一読ください。

書評をいただき、ありがとうございました!

 

 

(ロシア政治経済ジャーナルより以下転載)

【RPE】★アベノミクスは、なぜ効かない???

RPE Journal==============================================



  ロシア政治経済ジャーナル No.1480


                  2016/12/21

===========================================================

アベノミクスで、みなさん「うひゃ~、景気よくなったな~」
と実感されていますか????

 

天才哲学者の天野統康先生から、おもしろい本をプレゼントして
いただきました。



●マルクスもケインズも触れなかった

嘘まみれ世界金融「超」最大タブー

~お金はどう作られ、どうなくなっていくのか

(詳細は→ http://tinyurl.com/znvfh3s


といいます。

天野先生、数年前にメールをいただき、一通目から、「こんな大
天才は見たことがない!」と驚愕しましたが。

今年は、なんと4冊も本を出版されたということで、心から喜んで
います。

ちなみにこの本、安部芳裕先生との共著になっています。

安部先生は、ベストセラー「金融のしくみは全部ロスチャイルド
が作った」で有名です。


さて、「嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー」には何が書かれ
ているのでしょうか?

内容盛りだくさんなので一言で書くのは難しいですが・・・。

私が面白かったのは、「主流経済学は、マネーの研究をしていな
い」という話。

つまり、

・古典派の祖アダム・スミス

・共産主義の祖マルクス

・ケインズ

みんな、「マネーの研究をしていなかった」と。

詳細は、ご一読いただくとして。

天野先生のすごいところは、現状の問題点を指摘し、克復する
具体案を出されていることでしょう。

一つ例を。



▼アベノミクスは、なぜ効かない?



この本には、「アベノミクスが効かない理由」について書かれ
ています。

反論する人もいるでしょう。


「アベノミクス効いてるでしょ?」と。


確かに、株価は大きく上がりました。

雇用も改善されています。

しかしGDP成長率を見ると、

2013年 1.36%
2014年 -0.03%
2015年 0.54%
2016年 0.51%(IMF予測)

この結果を見て、「すごいぞ、アベノミクス!!!」

と小躍りする人はいないでしょう?

いったい何が問題なのでしょうか?

(もちろん、消費税を上げたのが一番の問題だったのですが。)


天野先生に解説していただきましょう。

(天野先生は、3本の矢、すべてを解説してくださっていますが、
ここでは、もっともインパクトの強い、「量的緩和」について
取り上げます。)

まず、アベノミクス第1の矢とは何でしょうか?



<安倍政権になり、

2012年に就任した黒田総裁は、

物価を2%上昇させ景気を浮揚させることを目的にして、

大規模な量的緩和政策を始めた。

つまり政策の目標を金利から量的政策に変更した。


毎年80兆円の国債の購入、

ETF(株式上場投資信託)の3兆円の購入、

REIT(不動産投資信託)の900億円の購入を始めた。

これにより日銀が供給するお金(マネタリーベース)を増加させ
た。>

(181p)



これをやると、なぜ景気が上向くのでしょうか?

日銀の理論は、



<人々の期待インフレ率を高めて、消費や設備投資を増加させる
政策である。>(同前)



これは、なんでしょうか?

皆さん、100万円貯金があるとします。

ご存知のように預けておいても利息はつきません。

これ、インフレ率2%になると、1年後の価値は実質今年の98万円
相当になってしまいます。

すると、「銀行に預けておいたらそれだけで目減りしていく!」
となる。

ある人は、「株を買いましょう!」となる。(実際株価は上がっ
た)

他の人は、「目減りする前に使っちゃえ!」ということで消費が
増える?

そして、景気がよくなると。


株は上がりましたが、GDPを見ると、結果はさんざんですね。

なぜ?

天野先生は、いいます。



<日銀が行っている量的緩和は大部分が日銀当座預金という

民間銀行が日銀に預ける当座預金に豚積みされている。

2016年8月で302兆8220億円である。

そのマネーは市場に出回らない。>(183p)



なるほど~~~。

金融緩和しても、その金が市場に出てこないと。



<銀行間の取引で使われるだけなのだ。

またREITやETFなどの投資信託を購入しているが、

株や不動産などの金融経済の商品の取引が増加するだけで、

実体経済の取引には影響を与えない。

そのため、日銀が実体経済の物価を2%上昇させることを
目標に行っている政策は、

ことごとく日銀当座預金に預けられるか、

または金融経済の取引に使われており、

物価を上昇させる効果をほとんど発揮していない。>

(同前)


要するに、日銀が量的緩和を一生懸命しても、


・日銀に豚積みされる

・銀行間の取引で使われる

・金融経済の取引に使われる


要するに、「庶民にはまわってこない」ということですね。


では、どうすれば「庶民も実感できる景気回復」を実現できる
のでしょうか?

天野先生は、「簡単に日本の景気を良くする超具体的方法」を
提案されています。

ヒントは、「実体経済にも、お金がまわるようにすること」。

どうやって?

興味のある方は、いますぐこちらをご一読ください。


●マルクスもケインズも触れなかった

嘘まみれ世界金融「超」最大タブー

~お金はどう作られ、どうなくなっていくのか

(詳細は→ http://tinyurl.com/znvfh3s

●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。



【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://tinyurl.com/hrq5f3x


●面白かったら、拡散お願いいたします。>

 

(転載終了)

 

今や国際政治の中心地であるロシア発の北野氏の分析を知りたい方は

こちらのメルマガに登録をどうぞ

<リンク>ロシア政治経済ジャーナル

 



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細