AKJournal

【韓国TVニュース】ワーキングホリデーは労働搾取!?

2013/08/12 16:11 投稿

  • タグ:
  • 韓国
  • ワーキングホリデー
  • オーストラリア
  • 新大久保


■「生計形」ワーキングホリデー

韓国ではワーキングホリデーを利用して外国で働く人が日本よりも多いようです。これは国内労働の状況が日本よりさらに劣悪であることが反映されたものと思われます。韓国ではアルバイト賃金の水準が物価に比べて極めて低く、日本でいうフリーターが事実上いません。



映像出処:mbc 2013.08.09.

日本人でワーホリに行く人は、どちらかというと思い出づくりとか、旅をできるだけ長く続けるためなどの理由がほとんどでしょうが、韓国人の場合、真剣に生計手段としてワーホリに行く場合がかなりあるのです。さらに例によって英語に対する強迫観念から英語圏が好まれ、さらにその中でも受入数制限がなく申請すればすぐ通る豪州に集中するのだそうです。

(ちなみに韓国人がワーホリビザで日本に来ようとする場合、取得の倍率が3-5倍ぐらいの狭き門になっているようです)


■「搾取」という糾弾は妥当か

労働者が権利を主張することは当然のことではありますが、しかしこの報道はどこかしっくりきません。「ホリデー」に来ている人たちなら、最低賃金を下回っても仕方ないのでは…?という気もします。旅先という解放感も、外国に来ているという付加価値もあるのだから、そのぐらいは耐えるべきなのではないでしょうか。また、言葉もろくにできないのでは現地の人と同じレベルのパフォーマンスもできないでしょう。

それにしても非正規の最低賃金が時給2万ウォン(約1700円)相当とは… オーストラリアって恵まれてるんですねぇ…(´・ω・`)


■日本にいる韓国人ワーホラー

このニュースでは豪州で「韓国人が韓国人を搾取している」と報道されていましたが、実は新大久保も似たような状況で「自力で他の街に行って仕事を探せない連中だから」と足元を見て、韓国人が韓国人を安くこき使っているケースが多いのだとか。だから、韓国から来ている人の中で日本に対する意識が高く適応力のある人たちは、新大久保にいる韓国人たちを見下す傾向があるのだそうです。そのあたりの事情については こちらの記事にまとめられています。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事