誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

食糧問題の解決の方法を考える

2016/02/20 07:48 投稿

  • タグ:
  • AfricaQuest
  • 週プレNEWS
  • 時事通信社
  • サーチナ
  • 経済
前回の続き。

そっか、難民は移民と一緒に考えればいいのか。
つまり移民なり難民が日本に入ってくると人口が増えるでしょ。でも幾ら人口が増えようが労働力需要は金融政策に決められるものなので、変更はない。だから移民や難民が日本で働きにこようが何らかの調整がなされるだけで、経済には何の成長をもたらすこともない。

この点どのようにしてその何らかの調整がなされるだろう。まず考えられるのは一人あたりのお給料が減るということだ。つまり移民や難民で労働力が増えた分日本人1人あたりの労働力の価値が減るので、それにつれてお給料が下がる。

あるいは人口が減るとかね。生まれる子供が減るとか、何らかの原因で日本人が減るとかして調整される。更には難民や移民が差別されるというのもあるかもしれない。お給料は移民難民含めて変わらないかわりに、差別や偏見という形で彼らが機会費用を支払うという形もあり得る

まあとにかく何であれ経済には影響はないと考えられるね。ちなみに「高い技術をもった外国人ならば日本にとって利益になるのではないか」という議論があるけれども、それも移民難民と同様で、全く影響はないと考えられる。なぜなら最初に書いたように労働力需要は経済力と金融政策によって一定に決まるからだ。

日本政府、過去最大級の干ばつに苦しむエチオピアなどに対して7億円超の緊急支援決定!

http://afri-quest.com/archives/1620

ということで難民の話終わり。そういえば前回経済学で何でも解決できると書いたけど、結局何も解決してなかったな。では食糧問題についてはどうだろう。世の中にはアフリカをはじめとして今日食べるものに困っている人たちが沢山いるわけだけど、それを救うことはできるだろうか。

世界の食糧・エネルギー問題を解決する “ミドリムシ”ビジネスはなぜこれまで実現しなかった?

http://wpb.shueisha.co.jp/2016/01/11/59260/

まずミドリムシで食糧問題は解決するかな。社長によると大量に低コストで培養できれば食糧問題の解決するとかスプーン一杯のミドリムシで栄養は足りるんだとか言ってるんだけど、どうだろう。


この説についてまず疑問なのは、物の価格の下落に伴う人間の価値価格の下落についてだ。というのも物の価格というものは技術の進歩によって下落する。つまり技術進歩するとそれを作ることが人間にとって容易になって、作れる人も増える。だから価格が下がっていく。

だから技術の進歩によってミドリムシ培養が進めば、価格が下がることにはつながるはずなんだけど、でも技術が進歩して価格が下落すれば、同様のペースで人間の価値価格も下落するはずなんだよね。するとミドリムシの価格を人間が上回ることができなくなるので、結局食糧問題は解決しなくなるんじゃないか。

インフレ率181%=原油安直撃のベネズエラ

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016021900134&g=int

もう一つ疑問になのはインフレとの関係だ。つまり食糧で困っている国というのは例外なくインフレになっているわけだけれども、そんなインフレになっている国で食糧問題の解決があり得るのかどうか。

インフレになっているということは供給よりも需要が多いということであって、物が不足しているということを意味する。勿論先進国をはじめとして、世の中にはインフレでも食う物には困らない人たちは沢山いるけれども、それでも途上国にとって物が不足しているという事実は、少なからず食糧不足に影響を与えているに違いない。そう考えるとミドリムシで解決するのは難しいのではないか。

中国、一人っ子政策解除も出生数はかえって減少  専門家「恐怖だ」と危機感あらわに

http://news.searchina.net/id/1600295?page=1

一方一人っ子政策を奨励するというのはどうだろう。
中国では最近解禁されたらしいけど、子供を産む数を一人に限定することで食い扶持を減らす。子供の数が減るということは、人間の価値を上げるということを意味する。つまり一家庭が産む子供の数が減ることは1人あたりの子供に投資する額が増えることになるので、その分価値が上昇する。

例えば子供3人に合計300万円を使うのと1人の子供に300万円使うのとでは、1人あたりの投資額が3倍違うことになるよね。するとその分人間としての価値が上がることになるので、食糧価格を上回ることができる。よって食うものには困らないとなると思うんだけど、どうだろう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事