誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

SMAPを干せるかどうか

2016/01/17 19:06 投稿

  • タグ:
  • スポニチ
  • Business_Journal
  • NEWSポストセブン
  • SMAP
  • 日本経済新聞
SMAPの解散報道が連日続いていますね。

SMAP事務所関係者「ファンの声を無視することなどできない」

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/17/kiji/K20160117011874610.html

ヤフーのコメントにもあったんですけど、スポーツ紙も一般紙も、優しめの報道が多いような気がしますね。やっぱりこの問題は誰が悪いわけでもないと思うんですよね。契約的には問題もないし、元マネージャーの引き抜きについても、殊更避難されることでもないように思う。勿論一部には「そんなのは業界のマナーに反する」と言うかもしれないですけど、所属タレントを引き抜くかどうかは自由競争の範疇の話であるとも思うので、マネージャー側は本来非難されるべきいわれもない。

SMAP解散を生んだ、「空白の一日」と「掟破り」…なぜジャニーズ寄りの報道垂れ流し?

http://biz-journal.jp/2016/01/post_13328.html

だから誰が悪いわけではない以上は、誰かを叩くような気にはなれないというのが、一般国民も含めた心境な気がします。そしてニッカンさんに出た件についても、ジャニーズ側のタレコミがあったと考えるべきなんでしょうね。一般スポーツ紙にスクープをすっぱ抜くような取材力はないはずなんでね。新潮や文春が騒ぎ出す前に手を打った感じではないかと推測していますが。

SMAP分裂 出ていく4人が得る利益は決して多くない

http://www.news-postseven.com/archives/20160116_377925.html

でも最初の記事の話と関連しますけど、事務所を抜けた人間を干すことって出来るものなんですかね。確かにこの記事にもあるように「芸能界にはタレントが事務所の意向に逆らって独立すれば仕事を干すという不文律がある。」などとあり、実際爆笑問題さんとか安室奈美恵ちゃんとか能年玲奈とか、移籍独立で揉めたケースは多々あるんですけど、でも普通に考えて干されるということは考えづらい。

ロシア、食品など輸入禁止拡大 欧米に対抗、対象国追加

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM14H6T_U5A810C1FF1000/

というのも事務所を変えたとしても人間の持つ価値には変更はないんですよね。だから移籍独立としても本来仕事の量は変わらないと考えるべきでしょう。例えばこんな経済制裁を考えるとわかるんですけど、幾らロシアが欧米からの食品の輸入を禁止すると言ったところで、食品の価値に変更もなければ、食品の需要と供給の量に変化があるわけではない。

つまり例を変えて、ロシアが日本に対して10万トンの魚の輸出を禁止したとする場合、日本は10万トンの魚が手に入らず困るようにも見えるけれども、でもロシアも獲った10万トンの魚がダブついてしまっている。だからロシアはその魚をどこか世界のどこかで売る必要がある。そしてその魚を売ると世界で10万トンの魚がダブついてしまうので、どこかの国が日本に10万トンの魚を売る必要が出てくる。その結果日本はロシアの輸出禁止措置の有無に関わらず10万トンの魚が手に入る。

だから芸能界においてもどんなにタレントに対して干すという制裁圧力を課そうが、そのタレントの価値も需要も変わらないと考えられる以上は、一切効果がないということになると思います。ただしタレントや俳優が出始めの場合は事務所側が巨額の宣伝広告費をつぎこんでいるので、タレントの価値に比べメディアへの露出度が高いという場合があり得ますね。なのでその場合には独立すると急に露出度が下がるので、「干された」と錯覚する場合が出てくるかと思います。

しかしその場合においても実際には干されたわけではないのだと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事