誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

無駄があるようでないもの

2015/10/12 00:13 投稿

  • タグ:
  • GIZMODO
  • NEWSポストセブン
  • デイリーニュースオンライン
  • 経済
  • 安倍ちゃんと女性は頭がいいからな
前回の続き。

ほとんどの働きアリは働いてないことが判明

http://www.gizmodo.jp/2015/10/post_18479.html

女性が社会進出したら経済が成長するんだって安倍もIMFも言うんだけどさ。
でも何故女性が働かないかといったら、利益を最大化するためなんだよね。
つまり家庭的事情やら金銭的事情など全ての要素を鑑みた上で、一番本人達にとって得になる手段を各々採用しているわけ。

そうである以上は、いくら女性に社会進出させたところで経済的成長が見込めることはないと考えるべきなんじゃないか。だって既にベストな選択はなされてるんだから効率化の余地はないんだから。そしてこれはアリの世界もきっと一緒なんだろう。働いてないアリがいて彼らを働かせれば効率が上がるように見えるけど、実はそれがアリ経済においての利益最大化のためのベストな手段なんだろう。だからたとえ働きアリ全員を働かせたところで、彼らが豊かになるわけではないはずだ。

エスカレーター「急ぐ人のために片側空ける」常識を翻せるか

http://www.news-postseven.com/archives/20150810_341768.html

それにもし働いてないアリが本当に何もしていないのならば、アリのコミュニティは崩壊していないといけないはずだよね。「俺が頑張ってるのにどうしてお前らは何もしないんだ」となるに違いないんだ。

ちなみに女性の社会進出やアリの世界のように「一見壮絶な無駄になっているように見えるけれども、実はこれ以上の効率化の余地はないもの」というものは世の中に沢山有るんじゃないか。例えばエスカレーターはどうだろう。いつも左側には長蛇の列が出来ている一方で、右側の急ぐ人用のレーンはガラガラになっている。

だったら初めから2列で並んで乗ることを推奨したら良いんじゃないかとも思えてくる。あんだけ右側が空いてるんだからね。ごく一部の急ぐ人のためだけにレーンを確保して急がない人が迷惑被るぐらいなら、初めからエスカレーターで歩くことをルールにすれば、もう少し円滑に人が流れるんじゃないかと思えても来るんだけれども、でもやっぱり経済的には効率化されているんだろうな。つまり急ぎたくない人と急ぎたい人との間で暗黙のうちに通行を最大限に効率化すべくバランスが保たれているから、右側が空いてて無駄なようでも、無駄にはなっていないんだろう。

日歯連が政治資金裏金2億円で摘発の巻|やまもといちろうコラム

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1821029?news_ref=newsearch

歯医者の世界はどうだろう。
今やコンビニよりも数が多いといわれ供給過剰になっていることに加えて、診療報酬の削減などで苦境に立たされていることが、今回の裏金につながったともなどと言われる歯科医の世界だけれども、でも本当に供給過剰ならみんな歯科医なんてやめればいいし、歯科医になる以前に大学に入らなきゃいいんだよね。だって将来のアテがないなら単なる費用倒れに終わってしまうんだから。

なので損するとわかっているにも関わらず歯科医志望者の数が減らないという事実に、壮大な無駄を感じてしまうんだけど、でもやっぱりこれも無駄にはなっていないということなんだろうか。

この点数が減らないのは、歯科医という仕事にレバレッジがかかっているということなんだろうか。つまり宝くじで1等賞金4億円と書かれていると現実的には当たる見込みがなくても沢山購入希望者が現れるように、歯科医の世界も当たるとデカイ商売ということなんだろうか。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事