誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

レナジャポン主催「あなたのさくら色2015(テーマさくらの決心)」(落選)

2015/08/21 17:14 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • レナジャポン
  • 歌詞
  • 音楽
  • あなたのさくら色2015

全くもって不可解な選考だったんだけど。

       花時
1番
沢山の拍手に見送られて 学び舎旅立つ若者達は
離れ離れになるのが怖くて 肩を震わせ抱き合っていた

立ち止まって嘆き悲しむよりは 駆け出した方がいいよ
歩けることが羨ましいと
強い風に揺られそっと 君に手を振る桜

出会いと別れを繰り返して あなたが大人になるように
陽を浴び根を張り葉を伸ばして 私もこの身を育てよう
月日を重ねてまた幾年 あなたが帰って来る時は
門出を祝ったこの舞台で
春の日を彩る 可憐な花を咲かそう

2番 
沢山の荷物の中で眠る 親元離れた新生活は
西へ東へ海図広げて 波に揺られる船乗りのよう
苦しかった日々が必ずいつか 報われる時が来るよ
間違うことも無駄ではないと
弱く挫けていた過去に 別れ手を振る私
 
不安な心は振り払って 私が私であるために
目を開け逃げずに前見据えて 明日の自分を見つけよう
四月が終わってあの桜が 緑に染まって行くように
私も空へと手を広げて
晴れ渡る大地で 大きな雲をつかむよ  


(解説)
レナジャポンという会社が主催している、あなたのさくら色2015というコンテストに参加した時の作品なんだけど、何故落ちたのかが全くもって理解が出来ない。

というのも、これを書き上げたときには「あ、これなら優勝確実だな」と思ったんだよね。テーマが「さくらの決心」ということで、1番では卒業生を見送る桜が、来年また学生を出迎え見送るために桜を咲かそうと決心する様子が、2番では卒業した学生が、新たな夢に向けて決意を固める様子が描かれていて、作品的にも大変まとまっていると思った。

まあこれには勿論細かいミスもあって、2番で本来「海図を広げて」とするべきところが「海図広げて」となっているとか、2番のAメロとBメロの部分にスペースを空けるのを忘れているなど、気になる部分もあるんだけど、それでも選考に直接影響するような部分では思えなかったし、作品的には応募作の中でも当然上位に位置すると思っていたんだけど。

ところがまさかの1次選考落ちっていうね。通常なら落選すると悔しいとかチクショーとか思うんだけど、今回の場合はさすがに唖然としてしまったというか、何が起こったのか未だに理解出来ないという感じでございます。

では何故落ちてしまったんだろう。やっぱり審査員がアホだったからか。確か歌詞部門の審査員は湯川れい子だろ? あのババアもう老い先短いさかいに、頭が耄碌しとんとちゃうか。今日何食うたかも覚えてひんのちゃうか。他のメンツも合わせて、どうみてもボケとるとしか思えん。

そして他に考えられるのならば、ちょっと詞先歌詞にしては作品が長かったということか。やっぱり歌詞が長いと曲つけるのが大変になってしまうから、それで敬遠されたのではないかと。

でも3番までというならまだしも、歌詞は2番までという制約がコンテストにはあるわけで、その中で作品を完成させようと思ったら、この程度にせざるを得ないと思うんだよね。短いと中途半端だし、曲にしたときに物足りなく聞こえちゃうから、ある程度のボリュームがいる。そういう意味で自分の選択が間違っていたとは思えないんだけどな。

それか自分のことをプロだと勘違いされたからかな。このコンテストはプロを目指すアマチュア限定という縛りがあるんだけど、いかにもガチっぽい歌詞が来てしまったので、選ぶ側が避けてしまったのか。どっちにしてもようわかりまへんわ。


コメント

aki (著者)
No.1 (2015/08/21 17:16)
ちなみに本来は応募作品はレナジャポン側に帰属するのですが、自分は直接交渉しまして、権利を返還いただいたわけです。なので歌詞を掲載することには、特段の問題はないと思われます。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事