誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

コンペの経済学 本編の手前

2015/08/06 08:36 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • 経済学
  • piapro
  • コンペ
前回の続き。

とその前に、最近ピアプロのIDを取りまして。色々歌詞を書かせていただいてるんですよね。。

http://piapro.jp/akinico

結構どれも力作揃いですので、是非色んな人に見ていただきたいです。この俺様の珠玉の作品集、見てろよ見てろよ~。

ということで宣伝は終わり。さて、とまと船さんからコメントをいただいたんですけど、オリンピックのコンペは、実績で足切りをしていたんですね。知らなかったので教えてくださり感謝しています。ありがとうございます。

そうですね、実績のある人たちに限定して募集をかけるというのも、選考の手間を省く良い方法になりますね。これは経済学では恐らくスクリーニングの一種ということになるとは思うのですが、そうすることで一定レベル以下の人はコンペに参加できなくなるので、参加者数が絞り込まれることになる。そして結果として選考が楽になる。

あるいは前回説明しましたけれども、審査料を取るとか、期限を短く区切るという方法もありますね。実は先日Sing! Sing! Sing! という歌番組で優勝した、中谷優心君という子のデビュー曲を作詞するというオープンなコンペがあって、自分も参加したんですけど(落選)、応募期間は確か10日ぐらいしかなかったにも関わらず、それでも自分も含めて応募総数が700件以上来ましたからね。

つまりそれだけ「歌詞ぐらい俺でも書けるわ」とばかりに、応募してくる人が殺到してしまうものなので、ダラダラと募集するのは良くないんだと思いますね。

ただし実際のところ、審査料や応募機関の短期化というものには、応募者の質を維持確保する効果まではないんじゃないですかね。例えばドワンゴが就職希望者に受験料を納付させれば、記念受験が減って優秀な子だけが受験するだろうなどと言ってるわけですけど、でも受験料が発生したら、優秀な子にとってもドワンゴが魅力なく映ることになるので、応募者の質も下がるのではないかというのが、自分の意見になりますが。



ということでコメントへのお返事が終わったので、本題に入りますね。前回説明したように、コンペの選考というものは、合格ラインに達している人間の中で、抽選が行われるという仕組みになっていますね。合格ラインに達している人が2人いれば、優勝確率2分の1のくじ引きが行われるし、5人いれば5分の1のくじ引きが行われる。

ということは、コンペ参加者が得られる賞金の期待値は、

賞金の期待値=賞金÷優勝候補者の数

で計算されるということですよね。つまり宝くじと一緒で、1等3億円と聞くと物凄く儲かると見えるけれども、発券枚数が多ければそれだけ期待値が下がるので、結局見た目に反して儲からないということが起こりうる。

だから強力なライバルが他にいる場合には、コンペには参加しない方が得だということですね。自身の作品が抽選によって買い叩かれるぐらいなら、自分で取引先を探して商売をした方が、よっぽど儲かるということですか、なるほど。

そしてコンペ主催者側から見ると、合格ラインは優勝賞金よりも高い価値のところに設定しないといけないわけですよね。だって500円ぐらいの価値しかない作品に賞金5万円とか支払っていたら損ですから。なので出来るだけ価値の高い作品を見つけて、賞金を支払う必要がある。

この点賞金の期待値=賞金÷優勝候補者の数と書きましたけど、きっと

作品の価値=賞金÷優勝候補者の数

となるわけではないんでしょうね。つまり優勝賞金20万円の大会に20万円の価値の作品が50点出展されて抽選になったとしても、その価値が20万円÷50=4000円になるわけではないと。あくまで4000円になるのはコンペ参加者の手取り収入の期待値なのであって、価値自体は動くことはないということなのか。なるほど。

ということで簡単なことを書き連ねてみたんですけど、どうでしたかね。多分以上の話からすると、まれは主催者も受賞者も両方が損していることになると思いますね。つまり受賞者側からみると、レベルの低い合格ラインにかなりのライバル達がひしめいていたので、賞金の期待値が自身の作品以上に大幅に下落していた。

一方NHK側からすると、賞金額(5万円ぐらいだったと思いますが)に見合う価値の作品を選考できなかったので、結局は赤字が出たということですか。この点価値は人間個人が考える効用から算出されるので、いくらヘタクソな作品でも本人5万円出す価値があると考えたのならば、それはそれで損が出ていないと見ることもできますね。

でも全体的な視点、客観的な視点で考えると、いくら個人の嗜好とはいえ、みんなが価値がないと考える作品にカネを出すことは損でしかないので。そう考えるとやっぱりNHKは損をしているということになるんだと思いますけど。




コメント

とまと船
No.2 (2015/08/06 20:40)
・・と思ったのは、やっぱり会場建設費の問題やらなんやら、色々うさんくさいなあと感じたからなのぜ。まぁ、ワイはマスコミやネットの情報に流されやすい情弱一般ピープルやからねっ。

なんだかんだでどこの国にも問題あるやろし。東京五輪も無事開催されると考えて問題ないやろねっ! マスコミは不安を煽って儲ける仕事とも聞くし・・・
とまと船
No.3 (2015/08/06 20:45)
マスコミ自体は強者やと思うんやけど、やっぱり社会的な弱者やマイノリティーの味方になって、かつ権力を監視できて資本もある強者は今のとこ、マスコミくらいやから。マスゴミマスゴミいわれてても、やっぱり世の中に必要なモンやろなと思ったのぜ。

記事と関係ない話でセンセンシャル!
とまと船
No.4 (2015/08/08 07:43)
オリンピックのロゴやけど、動画↓を観て、良さが分かったのぜ!
https://tokyo2020.jp/jp/emblem/
あれしかないな!(影響されやすすぎ感)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事