誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

失業の公平性

2015/03/02 05:53 投稿

  • タグ:
  • 弁護士ドットコム
  • NEWSポストセブン
  • アイアイとゆっくりの経済講座
  • 経済
前回の続き。

自分な需給が均衡した緩やかなデフレは、経済を促進させると書いているけれども、それは言葉を換えれば「失業者が出ることは止むを得ない」という考えが元になっている。



つまりある物やサービスの価値が下がれば最早カネを出して買う必要性がなくなるから、その職業的価値もなくなり労働者は失業する。

しかしながら同時にその際には労働者から転職への抵抗が失われているし、他に良い条件の仕事もあるだろうから、失業したとしてもいつかは職が見つかるとなる。

この点前回書いた労働塊の誤謬についてだけど、機械化などによる生産効率の向上が失業を悪化させないのは、自営業を営む人が増えるからということなんだろうか。


つまり機械化などによって生産性が向上すると、人間を雇う必要がないから一時的に失業者が増えるわけだけれども、同時に技術自体の価値も下がって普遍化するので、会社に所属せずに商売する人が増えるということなんではなかろうか。

例えば音楽界などを見てもわかるように、CDが売れなくなるとクビを切られるアーティストや従業員が増えるけれども、でも価値が下がれば同時に音楽制作の技術や機材の価格や価値も同時に下がるから、最早レコード会社に所属しないで仕事をした方が、ピンハネされない分収入が良くなる。よって失業しているようでも、実はメリットを享受しているんじゃないかな。

そして均衡点が右下にズレると消費者余剰と生産者余剰とがある程度までは増えるけれども、一定の境を過ぎると、生産者余剰が減っていくという図の現象も、このように説明できると思われる。つまり生産の効率化というものは一見企業の利益になっているように見えるけれども、実は裏では企業のライバルとなる人間達を同時に作っているんだね。



それにしても毎日のように出しとるこのグラフは、もう何にでも使えるな。経済学のウェイパーやな。

さて、ということで労働塊の誤謬の説明終わり。とはいえ失業するということ自体が苦痛なのであって、この世から失業を無くさないといけないとか、特定の職業にだけ失業がないのが不平等だという議論もあり得るのかもしれない。例えば職業が負の外部性を与える場合はどうだろう。

司法試験の合格者「3000人に増やすべき」 法曹の増加を訴える弁護士たちが集会

http://www.bengo4.com/topics/2193/

例えば医者とか弁護士とか、高速バスの業界とか漁業などもそうだろうか、世の中には自由競争に任せると何をしでかすかわからないという人達がいるよね。例えば医者だったら変な手術や薬を薦めちゃうかもしれないしね、高速バスなら事故が増えるかもしれないし、漁業なら魚が絶滅してしまうかもしれない。

だからそういう被害を抑えるために、国はあらかじめ成り手、供給を制限する措置を取っている場合があるよね。例えば医者や弁護士なら資格を厳しくしたり数を制限しているし、構想バスなら参入するためのハードルを上げたりしている。

でもそれはある意味市場競争よりも競争を緩めているわけだから失業や廃業が発生しにくいことでもあるわけで、他の失業が発生しやすい業種と比べ不公平ということにはならないか。

MKタクシー社長「運転者証更新は事故歴や苦情歴も検討せよ」

http://www.news-postseven.com/archives/20150228_301909.html

この点職業の価値と競争の度合いとが対応している限りは、参入規制を設けても余剰の損失はないと考えるべきだろうか。つまり弁護士や医者など職業に高い価値が求められるものについては、自由競争をもたらすと求められる職業の価値に比べて価格が下がるので、サービスや質の低下を招いてしまうんだね。よって資格者を制限して価格を上げることに合理性を持つと。
結果として失業しないとしても問題はないとなるのか。

一方負の外部性を与えない職業においては資格や参入規制を設けることは、余剰の損失を発生させるということかな。ではタクシーはどうだろう。本来タクシーは高渋滞やら駅前の客待ち行為などといった負の外部性が発生するので、参入者を制限すべき合理性はあるけれども、肝心のタクシードライバーの職業価値が、参入制限によって吊り上げられた価格と対応していなかったために、経済的非効率が生まれていたということだろうか。

ということは原英史やMKタクシー社長が言うような提案は、タクシーの質の向上が図られて価格と対応することにつながるので、規制が合理性を持つようになるということだろうか。でも原英史は既得権の打破だとか岩盤規制を止めろだなどと言うのに、何故高橋洋一が大学教授をしているという事実には斬り込もうとしないのか。実は既得権者は身内にいるのではないのか。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事