誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

今回の選挙について

2014/12/23 05:06 投稿

  • タグ:
  • チャンネル桜
  • 週プレNEWS
  • NEWSポストセブン
  • 時事通信社
そういえば選挙がありましたけど、皆さんどうでしたか。



蓋をあけてみれば予想通りの与党の圧勝劇、カネ絡みで問題起こしたあの人が受かった反面、あんな人やこんな人が落ちてしまってということで、無風といわれた割には一応派手な結果にはなりましたよね。

で、一番煽りを食ったのがこの次世代の党なわけですけど、要は経済音痴が集まって党を作ったところで、使い物にはならないということですよね。やっぱりいつの時代も愛国だ売国だと言う輩が現れては声を張り上げるけれども、結局のところは国民の最大の関心事は景気ですよ。つまり愛国や保守、安全保障ではメシが食えない以上、幾ら党を立ち上げたところで世間の支持は集めないと。

アベノミクスは来春にも崩壊する、それを一番知っているのは安倍首相自身だ!

http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/17/40757/


景気を良くする、というかインフレにしたら選挙って勝つんだね。
だって需要が増えてお仕事増えたらみんな幸せなんだからね。後々不幸な展開が待っているとしても、その場の快楽に身を委ねたいというのが、人間の心理なんだから。なので今回は自民が勝ったと。

というか選挙前にも書きましたけど、勝ってもらわないと困りますからね。やっぱり途中で政権が変わっちゃうと、安倍や浜田宏一などをはじめとしたアベノミクス信奉者達は、言い訳して逃げ回っちゃうから。だからその余地を無くすためにも、自民に勝っていただく必要があったんだと思いますね。

総選挙 2009年の政権選択選挙と比べると棄権は1700万人増加

http://www.news-postseven.com/archives/20141222_293915.html

それで今回は低投票率が特徴的だったんですけど。
通常投票率が低いというのは、関心がないのもさることながら、結果が見えてるから行かないという面もあるんでしょうね。例えば地方の首長選挙などを見てもわかるように明らかに現職が強いと思ったら、みんなどこかに出かけてしまって投票には行かない。

でも今回の国政選挙の場合には、比例代表の投票もあるわけですよね。つまり自分の選挙区の情勢はわかってるから票入れる意味はないにしても、自分が好きな党に入れて議席を増やすという目的においては、投票に行く意味は十分あったはずなんだけど、それでも投票には行かない人が沢山出た。

やっぱり比例代表とだけでは、投票の動機にはなりづらいということなのかな。

再編争点化で綱引き=細野氏へのけん制強まる-民主代表選

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014122200742&g=pol

海江田さんを落としてしまったのは、自民にとっては大きな失敗だったでしょうね。
それこそ安倍さんからすれば民主を解党に追い込むぐらいの意気込みだったんだろうけど、本当に打撃を与えたいのなら、使えない人は通してあげた方が良かった。

実際海江田さんを落としたことで、細野さんが出てくる余地を与えてしまったわけですからね。ちなみに今回の代表選ですがどうなりますかね。思うにミンスに関して言えば、既に賞味期限は切れてますよね。やっぱり政権下でのゴタゴタが多すぎたし、政策的にも物足りない。しかも自民党と合意して消費税等を進めてしまったこともあり、自身と政策が被る安倍政権を強く批判できないでいると。

きっとその辺が民主が伸び悩んだ結果ではあるので、それを打破するためには細野さんの言うように、維新の党と合流して看板を架け替えるのがいいと思うんですけど、でも細野さんの性格からするに、勝てる戦以外はやらない人ですからね。それこそ他に候補者がいなくて細野さんがいないと党内がまとまりませんと言われた時に、はじめてやってやるかと言って出てくるような人なので。そういうお膳立てが出来ない限りは、今回も出ないんじゃないですかね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事