誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

妖怪ウォッチと転売厨

2014/07/25 02:49 投稿

  • タグ:
  • ねとらぼ
  • 妖怪ウォッチ
  • 転売厨
妖怪ウォッチって今ブームなのか。

「妖怪ウォッチ」特典付き劇場前売券が即完売で早くも転売 「子どもが泣いています」と公式Facebookに批判

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1407/24/news092.html

絵が幼稚すぎる気もしたんだけど、子供の興味からするとこれぐらいでいいのか。で、なんか転売厨とかが出て問題になってるんだよね。つまりゲーム内アイテムをつけた映画の前売り券を枚数限定で配布したところ、即完売で転売厨が出たと。

でもこんなことをしてもあまり儲からないと思うんだけど? というのも基本価格が高騰するのは供給が極端に少ない場合だよね。つまりコメ騒動などのように不作のときに誰かが買い占めてしまうと、市民がパニックを起こして価格も釣りあがっていく。コンサートのチケットなども同様。ライブは席数が限られているし、追加公演をするといっても限界があるだろうから。コメと同じように供給が限られる結果チケットも高騰することになる。

だけど映画券の場合には販売側によって供給を増やすことが容易なわけだし、経営上経済上倫理上の観点からしても転売厨を放っておくとも思えない。例えば2000円のチケットがヤフオクで3000円で売られているとした場合。転売厨は1枚あたり3000-2000=1000円の利益が得られていることになるよね。

でもそれは言い換えるならば、妖怪ウォッチの会社側が3000円で特典つき前売り券を売ったとしても、1000円の利益が入ってくるということを意味しているんだよね。だから通常ならばその利益に預かるべく、会社側が早晩増産を始めると考えるのが自然である。マトモな経営者ならば、放置するとは思えないんだけど。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事