誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

食べ物の嗜好と人々の意識

2013/07/01 17:00 投稿

  • タグ:
  • NEWSポストセブン
  • マイナビウーマン
  • ガジェット通信
  • 東洋経済オンライン
  • focuslights
  • 料理
「株価が上がると女性は大胆なビキニを着る」はホントだった

http://www.news-postseven.com/archives/20130630_193712.html

株価が上がると気持ちが大きくなるので、大胆になるのだと思います。


若者の果実離れ加速 個食と甘さ志向による味覚変化も一因か

http://www.news-postseven.com/archives/20130630_197193.html

と同時にストレスも溜まるので、体が甘いものを求めるようになります。最近のメガ盛りブームであるとか、濃い味ブームなんかも、似たような原因ですね。

それにしても最近はほんとに食べ放題のお店が増えましたね。自分もよく行くんですけど、焼肉や中華に限らず、タイ料理やらイタリア料理やら、和食やメキシコ料理に至るまで、今や何でもアリの世界ですわ。

やっぱり不況のせいですかね。食べ放題の店の面白いところなんですけど、近くの店が食べ放題をやっていると、他の店も真似して始めるみたいですね。自分は横浜市民なんですけど、ワールドポーターズに行った時にレストランが食べ放題ばかりで驚いた記憶があります。

つまりそれだけ生存競争が激化しているということなんですかね。今や昼ごはんに限れば1000円でお腹いっぱい食べられる時代、前日銀総裁の白川さんも退任直前に国会議員から「日常生活でデフレを実感することがあるか」と聞かれて、「この前家族で昼食を食べに行ったら、こんな料理がこの値段で食べられるのかと思って驚いた」という話をされてましたけど、正にそんな時代なのだと思いますね。

松屋?吉野家?あなたが一番好きな牛丼屋は?3大牛丼チェーンがトップ3に

http://woman.mynavi.jp/article/130629-020/

日本人は脂身が好きだから、吉野家とすき家が人気になるんですね。松屋は肉が硬いよと。
あとは店内の様子とかでしょうね。女性は店内が汚いと入れないとか、カウンター席は嫌がるとかあるでしょうから、その辺が影響してるのかもしれないですが。でも松屋はなんで肉が硬いんですかね。吉野家やすき家と同じ肉を使えば、売上伸びそうな気がするんですけど。

松屋の株主優待券で、たびたび冷遇される件について

http://getnews.jp/archives/365223

調理スペースがあるのが松屋の強みですよね。定食を中心に幅広いメニューがあるので、差別化が図れる。今は牛丼のトッピングの争いが始まってますけど、でも牛丼に乗せるだけだったら簡単にマネされてしまいそうですし、独自性を出すとなると調理スペースの有無は大きいのかな。

つまりは肉が硬いのは、食材のコストを調理スペースの維持コストへと振り分けてるってことで良いんですかね? でもメニューがこうも多彩だと、原価率も各々違ってくるんですかね。優待範囲が複雑なのは、そんな理由が絡んでる気がしますけど。

東京チカラめし、ついに普通の牛丼に参入

http://toyokeizai.net/articles/-/14161

一方ステマめしさんの方は、苦境に喘いでいると。焼くだけだったらコストはかからないと言って商売を始めたものの、結局は設備投資でカネもかかるわ、提供時間もかかるわと。

だから牛丼業界は、モデルとして完成されてたんですね。ステマめしの社長は「牛丼業界が大手3社しかないんだったら、逆に入り込める余地はあるはずだ」と言ってたんですけど、実はそうではなくて、余りにも3社が強すぎたために、みんな二の足を踏んでいただけだった。

その中で敢えて勝負を挑むのであれば本来は、大手の弱点を分析してそこを突くしかないわけですけれども、その点見通しが甘かったんですかね。去年夏コミに行く前にステマめしを食べたんですけど、それはそれは最悪でしたね。カウンターには食べ終わった丼が置いたままだし、水も出てこないし、お客さん入ってるのに中国人らしき子が1人で切り盛りしている。しかも出てきた料理見たとき、あまりのシンプルさに落胆を覚えましたからね。「俺はこんなのに満足するほど落ちぶれてないわ」と。

マクドナルド、「史上最高価格」の新商品

http://toyokeizai.net/articles/-/14373

景気回復局面では高価格帯が売れ、ストレスが溜まるとガッツリ系や、味の濃いものが売れてくる。そういう意味ではかなり時代に合った商品っぽいのですが、でも夏場になると食欲が落ちるわけですか。

この点今までのマックの不振は、どう説明すれば良いんですかね。原田さんは「東日本大震災以降、客の消費行動が変わった」とも言ってましたけど、実際は低価格路線による集客効果が薄れて、それにより生まれた消費者の既視感を拭いきれなかったということですかね。

ということで今回の高級化路線なんでしょうけど、でもこれだけ高いと逆に、単品で頼まれるリスクが発生しますよね。収益の柱はポテトと飲み物のはずなので、あまり高すぎてもデメリットになる気がしますが。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事