誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

欅坂の二の舞になる

2020/11/20 04:54 投稿

  • タグ:
  • ゆうなぁもぎろん
  • 櫻坂46
  • アイドル
  • 音楽
前回の続き。

【大人になりたい】苦手な食べ物で早食いバトルしてみた!【涙あり】

https://www.youtube.com/watch?v=9NWvNnHaR6I

でも喋りに関しては、大分マシにはなってきたよね。
やっぱり昔に比べて喋ることに対して遠慮や怖さがなくなってきたかね。それこそ最初は目の前のお客さんに対していかに嫌われないか、可愛らしく振舞うかばかりを考えてきたとは思うんだけど、コロナで接触が出来なくなってきてからは、どうやって芸で食っていくかを冷静に考えられるようになってきたんだろう。

加えて編集や、全体の構成を考えることが上手くなってきたよね。昔は準備不足や些細なミスが目立ってきたんだけど、最近は大分なくなってきた。思うに段々と大きな仕事が増えて来たんじゃないのかな。企業案件も来たしな。

櫻坂46 『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』

https://www.youtube.com/watch?v=S4gEJIyLHlM

恐らく彼女達が成長するにつれて、秋元康が邪魔になっていくだろう。
彼女達は段々と、組織に頼らずに生きていく術を身に着けつつあるんだ。自分で動画を作ったり、自分の好きな仕事をしていく方が割にもあっていく中で、こんな秋元康が作ったくだらない歌詞の曲を歌おうという気になるとは思えない。

多分もう少しすると彼女達は露骨に不満を表すようになるとも思うよ。こんな曲つまらないからいらないとかね。選抜になりたくないですよかね。もしくはMVの演出が気に入らないとか言って撮影をドタキャンするようになったりしてグループの活動に支障を来たし、はたまたグループ崩壊まで行くようになるかもしれない。それこそ欅坂の二の舞だ。

櫻坂46 『Nobody's fault』

https://www.youtube.com/watch?v=fagRTasDcKo

かといって彼女達の成長を止めようとすれば、そのままAKBは倒れてしまうだろう。

だから秋元康はプロデュースを降りないと言っているかもしれないし、俺がAKBの歌詞を書くとかプロデュースやると言った時にバカにした連中は沢山いたと思うんだけど、でも時間が経つにつれて、否が応でもそういう流れになっていくと自分は思っているんだ。握手会中心のビジネスモデルが壊れた今、秋元康の居場所は既にないよ。というかコロナ前からなくなりかけてたんだけどな。

ちなみにこの櫻坂も見る限りグチャグチャだな。これどう考えても踊れそうにないんだけど、激しいダンスを売りにした欅坂の影はどこに行ったんだろうか。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事