誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

デフレは社会を豊かにする

2020/07/28 06:22 投稿

  • タグ:
  • SMBC日興証券
  • 保険市場TIMES
  • 日本銀行
  • プレジデントオンライン
  • 読売新聞オンライン
  • デフレ
  • 経済学
前回の続き。

デフレ (デフレ)

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/te/J0112.html

一般的に物の価格が下がるのは何故かといえば、物が古くなっているからだろう。つまり新商品は見たこともないので物珍しさも手伝って高く売れる。でも既存の製品は見慣れてるし時代遅れなので、価格が安くなっている。

そして何故価格が安くなっているのかをもう少し詳しく説明するならば、それは人間が成長しているからだろう。つまり人が色々な知識を身に着け成長したので、過去が遠い昔のように感じられるからだ。だから昔発売されたものに興味を感じなくなっている。

そして人間が成長している時というのは、給料が上がっている時である。つまりこれらを総合すると、デフレが発生すると給料が増え物の価格が下がるということで、人間は貯蓄が増えて暮らしやすくなるということである。

値下がりがダメ? デフレスパイラル 何が怖いの?

https://www.hokende.com/news/blog/entry/exwriter/572

しかし一般的に何故デフレが恐ろしいものであると言われているかといえば、それは最初に国借金をしたからである。つまり無借金経営の状態でデフレが起きれば、前述のように人間や企業の貯蓄が増えて豊かになるのだが、インフレという借金を抱えた状態でデフレが発生すると、得た収益が借金の返済で取られてしまう。わかりやすくいえば借金無しから200万収入が入れば200万円手元に入るが、500万円借金している人が200万の収入をえても、借金が300万円に減るだけである。

そしてその借金を減らすということは、人間にとってかなりの苦痛な作業であると考えられる。なので実際は借金が減って生活が楽になっていても、皆その成果を感じ取ることが出来ずに不安なままである。よってそこからデフレが恐ろしいという先入観が生まれているだけだと考えられる。

インフレとデフレどっちもこまる

https://www.boj.or.jp/z/kids/matome/resume9.html

D・アトキンソン「"いいものを安く"買って喜んではいけません」 日本がデフレから抜け出せないワケ

https://president.jp/articles/-/36793

追加の緩和策「有効に機能している」…日銀金融政策会合の主な意見

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200727-OYT1T50137/

このように説明するとデフレが実は悪ではないことがわかるし、デフレを恐ろしいとまで感じるよになったのは、人間が犯した過去の無理解な金融政策から来たもので自業自得であることがわかる。しかし世の経済学者や金融関係者、政治家たちは、それらの過ちには目をつむり、デフレを脱却しろだのインフレにしろだのと喚き散らしているのである。

実際上記URLをはじめとした発言や言説に目を通せば、どれだけ彼らが無能で虚言癖があるかがわかるだろう。この日銀のページを見てもデフレになると景気がますますわるくなるとかお金を借りるのが大変になるとか書いているし、このD.アトキンソンという野郎は、デフレになっているのは人口減少のせいだとか、中小企業が多いからだなどと意味不明なことを言っている。お前たちどれだけ大衆を騙し続けたら気が済むんだ?


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事