誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

他のコンペから流れて来た作品があるんだろう

2020/06/06 03:43 投稿

  • タグ:
  • AKB48
  • TBSラジオ
  • 音楽
  • アイドル
  • 秋元康
  • キャンディー
前回の続き。

キャンディー


キャンディーひとつ さあ 口にいれて
舌のその上で転がすのよ
甘くて ちょっと酸っぱい元気
ラララ・・・・
Everybody Get! Everybody Suck!

50ccバイクで ちょっとその辺まで
土曜日の昼下がり 陽射しがうらら

i-podでミュージック お気に入りのカエラ
嫌な事なんか 全部 忘れちゃえるから

キャンディーひとつ ほら ほっぺの中
しあわせになれる呪文みたい
Everybody Get! Everybody Suck!
どこへ行こうか?
女の子は楽天的
人生は きっと何とかなると
いつも 心で飴を舐めてる


商店街走って フリマを覗いて
知り合いに手を振って 雑誌を買って・・・

泣き虫な子どもを黙らせるように
ご褒美があれば もっと 頑張れると思う

キャンディーひとつ さあ 放り込んで
文句とか愚痴は言わなくなる
Everybody Get! Everybody Suck!
何をしようか?
女の子は 気分屋さん
今よりも もっと 楽しいことを
いつも求めて 飴を探してる

涙がこぼれてしまう時は
ポケットから さあ あの魔法・・・
Fight!
Everybody!
Fight!
Everybody!
Fight!
ha~ha~hoo~

キャンディーひとつ ほら ほっぺの中
しあわせになれる呪文みたい
Everybody Get! Everybody Suck!
どこへ行こうか?
女の子は楽天的
人生は きっと何とかなると
いつも 心で飴を舐めてる

ラララ・・・
Everybody Get! Everybody Suck!

ラララ・・・
Everybody Get! Everybody Suck!

【MV】キャンディー/吉田朱里

https://www.youtube.com/watch?v=lUP9BvXEdPs

劇場公演「シアターの女神」より「キャンディー」なんですが。はあ。
もう見るからに秋元康の作品ではないからな。特に1番の歌詞が可愛くておしゃれで、女性の書いた歌詞のように思えるし、秋元康が「キャンディーひとつ さあ 口にいれて 舌のその上で転がすのよ」なんて歌詞書くわけもない。キャンディーなんて入れて転がすヒマあったら、ワシのタマもしゃぶって転がしとかんかいや。アホか。

しかもこの作品、数多くあるAKBの曲の中で毛色が違っているんだな吉田朱里の歌い方見てわかるように、どこぞのファッションリーダーやモデル系アーティスト向けに書かれたような感じで、AKBのイメージとは似つかないものだ。

まあとにかく、この作品も秋元康ではなく、作曲者の川崎里実氏の作詞ではないかと推定される。

高橋朱里チームB「シアターの女神」公演 全曲ダイジェスト presented by DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND / AKB48[公式]

https://www.youtube.com/watch?v=q9XQQW9hCjA

ちなみに何故真っ先に作曲家による作詞を疑うかといえば、メロディーをいじれるからだね。
例えば「愛してる」という5文字を入れたいけれど、音が4つしかないという場合、作曲家なら自分で音を5つにすればいいのだが、作詞が別人だとそういうわけにもいかないので「愛してる」の代わりの言葉を探す必要がある。「大好き」にしようかなとかね。「好きだよ」にしようかなとかね。

そういう手間と言葉を探してくるテクニックみたいな問題があるので、作詞は作曲者本人の方がやりやすいんだよ。だからキャンディーもそうなのかなあと。

「乃木坂46のコンペは作曲家のオリンピック!」最多の作曲数・アキラサンセットが語る

https://www.tbsradio.jp/265202

そして今書いてて気づいたんだけど、あのキャンディーという曲は、もしかしたら別のコンペに持ち込まれたものなのかな。つまりあるアーティストの楽曲を募集するコンペがあって、それに応募するために歌詞つきで作られた。でも残念ながら落ちてしまったので、AKBのコンペに持ち込んだところ採用されたと。

でも残念ながらAKBでは作詞は募集してなかったんだな。となると採用されても歌詞だけが余って困ると。そこで秋元康は名義を自分にすることを思いついたということか。

5年半ぶり待望の新公演!!「M.T.に捧ぐ」初日公演DVD&Blu-rayダイジェスト公開!! / AKB48[公式]

https://www.youtube.com/watch?v=-zdDEu9Zw8Q

まあ事情はどうであれ同情の余地はないですわな。
歌詞のついてない曲探して採用しておけばこんな問題起こるはずはなかったし、作曲家が歌詞捨てると嫌だというんだったら、作曲家より優れた歌詞をつけてあげればよかったよ。それに思うに秋元康がこんな犯罪に手を染めたのは、作曲家の便宜を図るためじゃないだろう。コイツは自分の見栄と名誉のために、優れた歌詞を探して自分のものにしてやろうとどこかで思ってたに違いない。

そして更に言うなら、漫画のダウンロードが犯罪だとか言って消費者には厳しいくせに、身内の犯罪に甘いでは筋が通らないと思うのでね。その点からも秋元康は厳罰でお願いします。

ちなみに秋元康が作詞してない曲って、かなりあるんだと思うよ。上記URLにあるM.Tに捧ぐというのは2016年に始まった公演なんだけど、実はこの公演、DVD化はされているけどCD化はされていないんだ。しかも歌詞サイト見ても歌詞は載っていない。

恐らくCD化されてないのは、この公演の中にも秋元康が作詞してない作品が、複数あるからなんだろう。つまり2015年夏頃、恐らくは国税局から指摘を受けてから、自分で歌詞書いてない曲を音源化したりJASRACに登録すると大変なことになるとわかったから、大っぴらに公開しないでいるんだと思う。

しかしこれは逆にいうと、どれだけ今まで秋元康が自分で歌詞を書いてないことを表しているんではないだろうか。他人の歌詞を自分の名義にするなと言われているのにこうしてやってるんだからね。言われる前は相当常態化していたことが窺えるんだけど。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事