誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

NGT問題のまとめと疑問、今後について

2020/04/18 08:46 投稿

  • タグ:
  • 中日スポーツ
  • 日刊ゲンダイ
  • NGT48
  • 山口真帆
前回の続き。

原告弁護士に聞く『NGT48裁判』の評価「他メンバーの潔白が証明された…真実に向けて前進できた」

https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020040802100227.html

でも無断転貸がバレるのを避けるためというのは、さすがに考えすぎか。
勿論懸念はあったのかもしれないけれど、メインの目的に比べれば些細なことかもしれないし、何より詐欺罪に該当するかも微妙なんだからね。

まあいいか。ということでそろそろまとめようか。まず事件に関してだけど、やっぱりNGTメンバーの関与はないということでいいのかな。笠井宏明の役回り仕事ぶりから察するに、少なくとも全メンバーの住所は既に把握していたと思われる。なので暴行の教唆がないのはもちろんのこと、わざわざ真帆ちゃんの住所を太野が教える必要もなかったと考えるべきだ。なので弁護士の言うように裁判で証明されたというわけでは決してないが、それでもメンバーの関与はないと見ていい。

次にAKSと犯人側のなれ合い訴訟の可能性だけど、やっぱりあったと考えるのが自然か。
説明してきたように、恐らく太野彩香は北川丈から暴行を受けており、その太野が逃げ出してきた部屋に笠井宏明が住み、やがて山口真帆ちゃんに襲い掛かったという構図と思われる。

そしてやがてAKSと犯人達との間で訴訟になるわけだが、犯人達としては北川丈が暴行したという事実を隠したいわけだし、一方AKSとしても太野彩香が暴行されたことは隠したいということで、両者の利害が一致していると考えらえる。

NGT48第三者委員会調査報告書

https://ngt48.jp/news/detail/100003226

よって両者が馴れ合いをする下地は少なくともあった。この点AKS側は、太野の暴行被害については事件直後から把握していたとみられるね。というのもこの第三者委員会の報告書を見るとわかるんだけど、「真帆ちゃんの部屋を何故犯人が知ったか」については書かれているが、「太野の部屋が空いたことを何故犯人が知ったか」については書かれていないんだな。恐らく暴行という繊細な問題が絡んでいたので、意図的に記載を控えたものと思われる。

太野 彩香

https://ngt48.jp/profile/detail/114

そして当の太野に関してだけど、特に同情の余地はないな。
こんな問題になったのはロクに芸も磨かず隠れてコソコソと厄介と繋がっていた、脇の甘さモラルのなさに起因するなんでね。個人的には擁護しようとは一切思わない。そもそもコイツは売れるためにはどんな手段でも使って構わないと考える人間なんでな。モラルもコンプライアンスもないんで、問題を起こす下地は十分にあったんだけどな。

しかしこの件に一つ疑問に思うんだけど、太野彩香はどうやって引っ越し費用を出したんだろうか? 知っての通り太野は不人気メンバーで給料も安かったと思われるし、実家も裕福ではないからな。以前SHOWROOMで本人が話したのを聞いたが、実家は兵庫県でトマト農家をやっており大家族で住んでいると。そして父親と折り合いが悪いらしく、顔を合わせるたびに説教される気がするから、もう家には帰りたくはないなどと言っていた。

親の金銭的サポートも満足に受けられない中で、住んでいたマンションから出るための費用は、どうやって工面したんだろうか? 自分で引っ越し作業をするのは無理だろうから、もしカネがないとすると誰か手伝ってもらう必要があるけれど、メンバーやスタッフの中に協力者がいたんだろうか?

山口真帆問題が投げかけた“近すぎるアイドル”の曲がり角…元運営会社と男性ファン和解

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/272046

まあその辺も含め、色々とAKSは甘かったんだろうな。
今回は正に、AKBを代表とするアイドル運営の「手間をかけないビジネススタイル」に鉄槌がくだされた形となったな。ロクに芸を教えず握手やチェキ会を主に収入源にする運営の方式は、簡単にできる反面利幅が薄いものだから、どうしてもメンバーの安全や管理といった面は置き去りになってしまうし、行う芸の質が低いとアイドルの質も客の質も悪くなるから、アイドルのモラル崩壊を引き起こしたり、NGTのような厄介を呼び寄せてしまう。その結果今回のような事件が起こるべくして起こってしまった。

今後はそのような管理の出来ない運営は、淘汰されていくものと信じたい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事