誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

K-POPは過大評価されている

2019/11/10 02:41 投稿

  • タグ:
  • デイリーローズ
  • スポーツニッポン
  • 日刊ゲンダイ
  • アイドル
  • PRODUCE101
前回の続き。

プロデュース48本当の順位と脱落メンバー判明!IZ*ONE投票操作で解散の可能性?

https://daily-rose.com/produce48-izone/

  1. 宮脇咲良
  2. 宮崎美穂
  3. イ・チェヨン
  4. カン・ヘウォン
  5. イ・ガウン
  6. 竹内美宥
  7. チャン・ウォンニョン
  8. 白間美瑠
  9. 矢吹奈子
  10. 下尾みう
  11. 本田 仁美
  12. クォン・ウンビ
記事によると、これが本当のPRODUCE48の本当の順位だったらしいね。
まあほぼ正確なんだろうな。宮崎美穂は最終順位前までは2位だったし、その前の順位発表では1位だった。そして宮脇咲良のあのキラキラ感、スター性は、絶対に韓国では見たことがないレベルのものだったろう。当然韓国視聴者の心を強く捉えたに違いなく、普通に投票やってればぶっち切りでトップだったと思われる。

でも最終順位では宮崎美穂や竹内美宥等のメンバーが落ち、韓国芸能事務所が推していた子がメンバー入り。勿論番組側が芸能事務所から資金等の提供を受けていたというのもあるけど、やっぱり路線が最初から決まってたんだろうな。つまりプデュ側は背が高くて細身で、綺麗系な感じのグループを作ろうとしていたんで、宮崎美穂が2位と言われても今更路線をいじるわけにはいかなかったんだろう。竹内美宥も白間美瑠も同様ね。韓国側が欲しいタイプではなかったとみる。

「IZ*ONE」韓国ライブ中止…出身オーディション番組で投票不正操作

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/08/kiji/20191107s00041000451000c.html

でもどんなに結果を欺こうが視聴者は正直だったってことさ。
今回のPRODUCE101の件でわかったのは、K-POPが過大評価されていたという事実だった。表向きはBTSが凄いだのTWICEが凄いだのと言われ、PRODUCE101は視聴率を稼ぎ話題を集めてはいたが、実際には不正な手段なしには成り立たない状態だった。

AKBが開いたパンドラの箱『PRODUCE 48』の代償と可能性

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56778?page=3

そしてもう一つ浮き彫りになったことは、やはり日本のアイドルは強かったということだ。
表向きはBTSが凄いだのTWICEが凄いだのと言われ、PRODUCE48では日本のアイドルは歌が下手だダンスが下手だとボロクソに言われていた。

しかし蓋を開けてみれば、韓国の消費者が選んだのはその歌もダンスも下手なはずの日本のアイドルだったんだな。思うに日本のアイドルとと韓国のアイドルとの間には、労働の質に大きな差がある。つまり韓国のアイドルは、歌やダンスといった肉体を中心に活動するタイプが主流だ。

一方日本では指原莉乃を見てもわかるように、バラエティ能力、つまりは肉体よりも頭を使って活動するタイプが主流である。そして一般的に知的労働は肉体労働に優るので、ここから頭を使う日本のアイドルは、韓国のアイドルよりも優れているという結論が導かれる。最初に紹介した記事によると、本来ならば12人中7人を日本のアイドルが占めていたとあるけれども、これは韓国で投票が行われていたという地元判定的な意味合いが強かったからだ。もし投票が中立国で開催されていれば、もっと決定的な差がついていただろう。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事