誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

売れるアイドルグループの見分け方

2019/06/23 03:17 投稿

  • タグ:
  • 音楽ナタリー
  • 日刊スポーツ
  • スポーツニッポン
  • 日刊ゲンダイ
  • TIF2019
  • アイドル
  • 音楽
前回の続き。

「音楽の日」に嵐、AKB48、エレカシ、GENERATIONS、DA PUMP、乃木坂46ら

https://natalie.mu/music/news/336742

テレビに出ているグループたちは必ずしも実力があるわけではないんだな。
つまりメジャーレーベルと契約すると大手広告代理店やレコード会社の強力なバックアップが得られる反面、彼らは莫大な手数料も持っていくので、グループにある程度の売上を出す実力がないと赤字になってしまう。

そこでどのグループもメンバーを増やして、無理矢理実力と売上とを水増ししているんだ。これは特にAKBや坂道といった秋元グループが顕著だけれども、きっとジャニーズやEXILE、ハロプロなんかも事情は同じだろう。

日向坂46柿崎芽実グループ初卒業 濱岸ひより休止

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906210000683.html

NGT48 高沢朋花と渡邉歩咲の活動辞退を発表 山口真帆ら卒業公演参加メンバー

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/22/kiji/20190622s00041000393000c.html

しかしこの水増し手法がいつまでも使えるわけではない。
メンバーを増やせばそれだけ経費がかかるので会社としての利益も減るし、メンバー1人あたりに使えるカネも少なくなるからメンバー個人の実力も下がる。

そして個人の実力が下がれば運営スタッフやメンバーのモラル崩壊をもたらすので、ブラック労働や大きなスキャンダルの要因になる。山口真帆ちゃんの暴行に端を発したNGTの騒動も、正にそれが引き金となって起こったものだ。だから将来ある子にとっては、秋元グループは本来入るべき場所ではないんだな。ここでは人は育たない。

研音は“第2の榮倉奈々”を期待 元NGT山口真帆の明るい未来

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/255135

逆に勧められる場所があるとするならば、少数精鋭のグループだろう。つまり入るべきメンバーを厳選して、その1人に対して多額の投資をする。そうすることで人が育つし会社としても利益が上がる。正に山口真帆ちゃんが所属する研音は、そういう企業の典型だろう。

ただしこういう会社は所属するためのノルマも厳しいよ。つまり普通のアイドル上がりの芸能人だったら食い扶持を稼がせるために写メ会とかチェキ会とかファンイベントを組んでくれるだろうけど、研音はさすがにチェキ会とかまほほんと行くバスツアーとかはやってくれないだろうからな。本当の実力が必要になってくる。

WILL-O' - Last Dance [2018 Live Digest Movie]

https://www.youtube.com/watch?time_continue=126&v=VIGl_0nkEJ8


あゆみくりかまき 『残像フラッシュバック』

https://www.youtube.com/watch?v=Pdu7J3pmjhc

大阪☆春夏秋冬

https://syukasyun.com/

だからそういう少数精鋭の事務所が運営するアイドルグループは、グループとして将来性があると言って良いだろう。

ちなみに他にも将来性のあるアイドルグループの見極め方は幾つかあるんだな。例えば音楽性についてだ。色々見てるとわかるけど、地下アイドルの曲って激しいロックが多いんだな。つまり激しい曲調に合わせてみんな質の高い歌や激しいダンスでお客さんを楽しませる。

でも日本で既に廃れたと言われるロックをやらせたところで本来カネになるわけはないし、それに合わせて若さや元気に頼りすぎるとグループとしての寿命も早く来やすい。だからそういう曲をやっているグループは将来性に疑問があると自分は見ている。ウィローやあゆくま、あとしゅかしゅん、大阪☆春夏秋冬もそうだろうな。自分には長続きするとは思えない。

SUPER☆GiRLS / ナツカレ★バケーション Music Video Short ver.

https://www.youtube.com/watch?time_continue=60&v=qpqh-2bHfiU

さくら学院

http://www.sakuragakuin.jp/

一方可愛らしさをウリにするグループも、将来性は期待できないな。というのも可愛らしさは年齢とともに劣化してしまうからどうしても活動期間が短くなりがちだし、労働の価値も低いと考えられるからだ。

つまりいつも言うことだけど、労働者が高い付加価値を生み出すためには組織や他人に従属しないことが大事なんだな。サラリーマンやバイトでわかるように、他人に言われるがままに仕事をこなすだけでは高い給料はもらえないけれども、自分から率先して仕事をこなせる人間は高い評価と給料がもらえるだろう。このようにアイドルも、成功するためには他人や組織の指揮監督を受けない人間にならなければならない。

でも可愛い系のアイドルというのは、グループのコンセプト的にどうしてもマウントされる立場にあるんだな。だってファン自体が自分のペットや妹だと思って見に来るんだからね。客が自分の意のままにできる存在だと思っている中で、アイドル達が組織や他人に従属しないというメンタリティーを保つのはどうしても無理がある。

だからそういうグループは、将来的には期待できないとなる。このタイプのグループもロック同様沢山あるけれども、スパガとかさくら学院とかがそうか。

Task have Fun

https://taskhavefun.net/

kolme

https://avex.jp/kolme/

ということでまとめると、自分が考える将来性あるアイドルグループは、

1 事務所が少数精鋭志向である
2 音楽がロックではない
3 アイドルが組織やファンに従属していない

グループだということになる。具体的に挙げるならTask have Fun とkolmeかな。勿論まだ彼女達には至らないところは沢山あるんだけれども、それでも良い雰囲気を両グループとも持っているし、彼女達のスタイルからして結構長く活動できそうだ。この点長く活動できるということは投資の回収期間にもゆとりが生まれるということでもあるからね。ビジネスの面でも有望ということだと思うよ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事