誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

アイドルからの脱却を目指して

2019/05/13 03:16 投稿

  • タグ:
  • ENTAMEnext
  • リアルサウンド
  • AERAdot
  • AKB48
  • 乃木坂46
  • アイドル
恋愛禁止の「功」の部分ね。

クロちゃんの考えるアイドル恋愛論「恋愛禁止には『功』の部分もあると思うんです」

https://entamenext.com/articles/detail/2243

本来ならば、アイドルするからには恋愛禁止にしないとダメだろう。それはクロちゃんの言うように成長を促すとか仕事に集中させるためといった理由もあるけど、特にAKBに関しては、恋愛を認めることは死活問題になりかねないからだ。

だってAKBの子達は芸がないんだもんね。つまり一般の女優やアーティストのように演技やクリエイターとしての能力があれば、ファンと直接握手しなくても食っていけるし、世間様も恋愛したぐらいでは干したりはせんだろう。

でもAKBの子達はそんな芸はないし、食っていくために接触商法をしないといけない子達なんでね。ファンがアイドルとの疑似恋愛を楽しみする中恋愛自由なんて条項があったら、きっとファンは疑心暗鬼になって握手会に来てくれなくなる。誰が彼氏持ちの女と握手したいなんて思うんだ?

だからAKBにとって恋愛禁止という条項は、ファンのみならずアイドル自身の生活を守るという点にとっても必要不可欠なものに違いなかったんだけど、しかしAKB運営は峯岸の坊主事件などで世間から批判を受けたこともあって、恋愛禁止の条項を外した。

その結果何が起こったかといえば、恋愛についての「本音」と「建前」とが生まれ、山口真帆暴行事件も泥沼化したということだ。内心AKSも、「本音」では恋愛は禁止であるべきだと思っているはずだ。しかし山口真帆ちゃんからファンとメンバーとの私的つながりを指摘されると、その本音は隠して「私的つながりに関しての明確なルールはなかった」などと言って都合の良い使い分けをしていたんだ。

アイドル=少女というイメージは払拭できるか 乃木坂46らの功績と社会の現状から考える

https://realsound.jp/2019/05/post-359130.html

まあこれらの話は前にも書いたことの焼き直しなんで、大した新鮮味はないんだけどさ。
で、これも焼き直しになるんだけど、この恋愛禁止に伴う問題を解決するには、単純に言って芸を身に着けさせればいいんだ。つまり最初の方で書いたようにAKBの子達は芸がないので恋愛禁止をウリにしないと食って行かれない。でも芸があればファンは単に疑似恋愛の目的では応援はしなくなるので、恋愛しても文句は言われにくい。だから恋愛自由にしたければ芸を身に着けさせて、「アイドル」から「アーティスト」「女優」へと進化させれば良いことになる。

正に乃木坂46は、その進化に成功した例だろう。つまり記事にあるような「少女性」や「未熟」といったアイドルの持つイメージを越えて、各人が女優やアーティストとしての成功を勝ち得ることが出来た。そしてここまで成長すると恋愛したからといってそう文句は言われない。例えば白石麻衣が誰かと熱愛していても大したダメージにはならんだろう。

乃木坂46 『Sing Out!』

https://www.youtube.com/watch?v=XiYjkSPsQWI


ただしここまで成長すると、アイドルとしての活動は困難を極めてしまう。やっぱり実力があると「アイドル」という男のペットを演じるのに疲れて来るし、団体で活動するにもギャラが安いとか拘束時間が長いとかで仕事がキツく感じられる。既に今の乃木坂にもそんな兆候が出ている。これは乃木坂の新曲だけど、以前の曲に比べてダンサブルな、踊れる曲ではなくなっているのがわかるだろう。

これは恐らくメンバーがどれも忙しすぎて、既にダンスの練習をする暇すらないからだ。自分の予想では、乃木坂は今年か来年にかけて崩壊に向かうと見ている。メンバーの年齢からしてもほぼ間違いはないだろう。

気がつけばいなくなった「ひとりで歌うアイドル」 転換期は広末涼子のデビュー年だった

https://dot.asahi.com/dot/2019042600138.html?page=3

だから自分に言わせると、乃木坂はアイドルグループではないんだな。
アイドルは未熟で大人数で活動しなければ成り立たないグループなのであって、乃木坂のように各々ピンで活動できるような子達の集団は、最早アイドルではない。

同様に指原莉乃や松浦亜弥もアイドルではない。一応アイドルという職場に身を置いてはいたが実際はタレントやアーティストなんであって、アイドルは無理をして演じていた仮の姿に過ぎない。

だから松浦亜弥に関しては、無理をしてアイドルをしていた反動が今になって出ているんだろうね。本人は芸能界復帰について子育てが忙しいとか言ってはいるけれども、内心は未だにアイドル時代のトラウマを引きずっているんだと思うよ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事