誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

トップの首をすげ替えろ

2019/03/20 09:06 投稿

  • タグ:
  • 時事通信社
  • NEWSポストセブン
  • 東洋経済オンライン
  • デイリースポーツ
  • AKB48
  • 経済
前回の続き。

施工不良、工期優先のツケ=問題隠蔽の疑い浮上-レオパレス

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019031801153&g=eco

1996年から2001年に作られたレオパレス物件について、手抜き工事が行われていたようだね。
この時期日本経済では銀行の不良債権処理が行われていたんだな。つまりバブル崩壊のあおりを受けて銀行が次々経営不振に陥ったので国民の税金で救済しようみたいな話があったんだけど、レオパレスはこれをチャンスと捉えた。

つまり破綻処理が行われているような経済状況では国民の所得が減っているので、付加価値が低いサービスが好まれる。だから少々工事を手抜きして工期を短縮してでも安い物件を沢山作ることが、大きなビジネスになると考えたんだろう。




混迷のレオパレス修繕現場 「日給7500円」で職人は不足

https://www.news-postseven.com/archives/20190317_1328847.html

ただしそんなことしてもいつかバレちゃうからね。手抜き工事のツケは後で必ず支払わされることになる。

思うにレオパレスに関しては、もう潰すしかないだろう。組織ぐるみの不正行為の責任が重いのもさることながら、不正工事発覚後の補修工事についても手抜き工事がなされる可能性が高い。記事を見てもわかるように日給7500円でも人が集まらないために無理矢理外国人や素人を募って働かせようとしているわけで、労働者が行う工事の質に非常に疑問がある。第二の問題が起こる前に解散なり破産手続きをするべきだと思うよ。



どん底、JR貨物を再生に導いた「運命の2日間」

https://toyokeizai.net/articles/-/271327

だから説明していることだけど、幾ら制度を改革しますとか第三者委員会から提言を受けましたといっても、人のバカを直すことは出来ないんだな。
レオパレスの手抜き工事がおかしいから改善しましょうと言っても結局は無駄。業務効率を改善するために働き方改革をやりますと言っても無駄。経営を改善するのに必要なのは人間の生産性向上であり、付加価値生産能力の向上なんだ。どれだけああしなさいこうしなさいと言ったところで、それだけで人間の能力が上がるわけがないだろう。

だからもし本当に経営を良くしたいというのであれば、無駄に改革の声を上げたりせずに、バッサリとトップの首をすげ替えてしまうべきだ。既存の人間を変えるのは無理だけど、新しい人間であればその能力で会社を作り変えることができるわけだからね。再生を導いたJR貨物のように、誰か優秀な人間を外部から採用して、そのリーダーシップの下に会社を立て直せばよい。

AKB総監督 4月1日から3代目・向井地美音に 横山由依は卒業せず残留

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/19/0012162010.shtml

AKBについても同じことが言えるかな。
第三者委員会を開いて提言を聞いたとしても、話を聞く能力が経営陣や秋元康にあるとはとても思えない。だから誰が責任者なのかは知らないが、もしAKBを本当に良くしたいのであれば少なくとも経営陣には退陣してもらって、新しい指導者の下で業務を執り行うべきだと思う。

その役割をゆいはんにやってもらいたいんだけど……、ちょっと荷が重いかねえ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事