誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

先進国のアイドルを目指して

2018/09/17 01:28 投稿

  • タグ:
  • リアルサウンド
  • 日刊ゲンダイ
  • PRODUCE48
  • AKB48
  • 乃木坂46
  • 音楽
  • アイドル
前回の続き。

SKE48第9期生オーディション開催のお知らせ

https://www.youtube.com/watch?v=sewVpjIt63s

何故現状AKB(もしくは日本アイドル)が韓国アイドルに負けているかと言えば、それはカネの使い方が悪いからだ。

つまり人間を育成したいのであれば、アイドル一人一人ににたっぷりと時間なり資金を投資して、育てていくべきだろう。つまりそうすれば付加価値の高いアイドルが生まれるので、結果として韓国に勝てる。

でも日本の場合はAKBグループがそうであるように、貴重なカネをメンバーを増やすことにしか使っていないだろう。そうすると付加価値の低いアイドルが量産されていくばかりか、育成にかかるコストが韓国は安いため、どうしても日本は競争的に不利になる。その結果韓国アイドルが勝ってしまう。

IZ*ONEは日本型アイドルを終焉させる? 『PRODUCE 48』選抜結果から見える野心的成果

https://realsound.jp/2018/09/post-250258.html

だから説明しているように日本が勝ちたいんであれば、少数精鋭にして1人あたりの投資額を増やせば良い。
この点少数精鋭にして1人のメンバーに莫大な投資をするというやり方は、恐らく韓国は苦手(出来ない)なんだろう。そう考えらえる理由は幾つかあるけれど、一つ挙げるなら彼らは未だに外見やパフォーマンスに頼ったプロモーションしか出来ていないということにある。

一般的に人間の労働としての付加価値を高めるためには、人を知的にする必要があるだろう。つまり知的労働は肉体労働に優るものだ。工事現場で1日汗水垂らして働いたところで、会社で勤めるサラリーマンには効率的にも給料的にもかなわない。だからカネを稼ぎたければ人の頭を良くしたり、人間の知性をアピールしなければならない。

『PRODUCE 48』で露呈した、日韓アイドルの決定的な違い

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57011

しかしPRODUCE48を見てもわかるように、韓国の人間たちはそれはしていなかっただろう。彼らはレッスンと称してダンスを鍛えたりボイトレに明け暮れたばかりか、その国民投票を見てもルックスや外見が優れたメンバーが上位に行ったのに対して、個性や内面を重視したメンバーは順位が下だった。これは韓国のアイドルが未だに知的労働の域には達していないことを示すものだ。色々プデュ関連の記事を見ると「日本が圧倒された」という論調が多いけれど、実はそうではないんだな。韓国は質的に見て劣っている。

指原 莉乃

http://www.hkt48.jp/profile/22

でも日本は違うだろう。指原がそうであるように、この国にはたとえ外見はショボくてもバラエティや作詞といった知的能力や内面的能力、個性といったものが評価され、育つ土壌がある。

そうであるならば日本のアイドルというのは将来において韓国のアイドルを軽く凌駕することができるはずだ。説明したように知的労働は肉体労働に優るものだ。歌が下手でもダンスが下手でも指原はどのアイドルよりも稼げていることからしてわかるように、知的能力を鍛えることが出来れば、身体を使うしか出来ない韓国アイドルに勝つことが出来る。頭の良いアイドル、それが日本のような先進国が目指すアイドル像に違いない。

乃木坂46 『ジコチューで行こう!』

https://www.youtube.com/watch?v=7eoiyP4kaAQ

乃木坂が成功しているのも、正に知的能力があるからなんだろうな。
彼女達は歌もダンスも下手だろうけど、それでも成功しているのはバラエティとかの対応力が優れているからだろう。もしかしたら学生時代勉強は出来なかったのかもしれないけれども、そういう学業以外の部分での「知性」が各々にあるんだろう。

でもこういう知的なアイドルを目指すにあたっては、現状では障害があるな。つまりいつも説明しているけれどもAKBも坂道も、「握手会」や「じゃんけん大会」といった、とても知的とはいえない労働に従事させているせいで、彼女たちの能力を十分に引き出せていない。

そして音楽との兼ね合いも考えないとけない。つまり知的なアイドルを目指すということは、終局的には「歌やダンスも軽視する」ということだろうけど、現状ではCDが収入源である以上完全にそういうわけにもいかないだろう。どの辺りで折り合いをつけるのか考えないといけない。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事