誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

ビジネスモデルの限界

2018/07/24 06:27 投稿

  • タグ:
  • スポニチ
  • 乃木坂46
  • AKB48
  • アイドル
前回の続き。

坂道合同オーディションCM 個別まとめ編

https://www.youtube.com/watch?v=sdTKyv6J944

この大々的にやってる坂道オーディションだけど、これが乃木坂にトドメを刺してしまうかもしれないな。

だって入ったら握手会しないといけないのはみんなわかってるだろうし、前回書いたように、乃木坂は歌やダンスが本業でもないのにCD出したりコンサートで歌ったり踊ったりさせてるんだからね。利益が上がるわけがない。

更にはAKBや坂道には人を育てる力もないからね。PRODUCE48を見てもわかるでしょ。AKBではロクに日の目を見ず、私は何をやってもダメだと言って自信のなさそうにもしていた彼女達が、韓国のトレーニングによってどれだけ変わっているか。それは韓国の教育システムがアイドルの才能を引き出すようなものになっているのと同時に、AKBのシステムがアイドルの才能を眠らせていたままにしていたことの表れでもあるんだよ。

だから大々的にオーディションしても無駄だってことなんだ。たとえスターの原石を見つけても宝の持ち腐れで終わってしまうと思うよ。

AKB総選挙選抜組 体調不良で続々と握手会中止…宮脇咲良、岡田奈々、惣田紗莉渚、高橋朱里

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/22/kiji/20180722s00041000292000c.html

ビジネスモデルの限界に、秋元もAKSもまだ気づいてないんかな。
経営不振のみならず「ジコチューで行こう!」のMVで明らかにメンバー達がダンスで手を抜いていたり、白石麻衣のドタキャンや松井珠理奈の休養といったトラブルの数々が起こるのは、全てはビジネスモデルの欠陥から来る綻びが原因だと思うんだけど、秋元康の様子を見ているとスーパースターがうちに来てくれればそれらは全て解決すると言わんばかりだな。だから大々的にオーディションをしているんだろう。

それにメンバーの握手会の中止が常態化深刻化するようになってきたのも、ビジネスモデルの限界を表す兆候だろう。勿論今年の夏が暑いこともあるんだけども、握手会という労働が肉体的精神的に過酷過ぎて、最早アイドルの子達には耐えられなくなってきているんだね。

だから本当はこの辺も含めて根本的に変えないといけないんだけどね。つまり本来ならば握手会をやりなさいいや握手会は出来ませんとなった時に、握手会が出来ないのなら辞めなさいと言えれば良いのだけれども、じゃあ辞めますとアイドルに言われた時に困るのはAKB側なんだからね。だからそこから来る人材の流出の流れを止めたいのであれば、握手会に代わるビジネスモデルを早急に考えないといけない。

でも何故今までそれが出来なかったといえば、きっと問題意識の欠如のみならず、代替となるビジネスモデルを考えたり運営する能力が、プロデューサーやAKS側にないからなんだよね。なので結局は何もかもが放置されたまま、AKBや坂道は営業を終了していくことになるのかな。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事