ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

アイドルグッズの大改革~導入編~

2018/04/30 16:52 投稿

  • タグ:
  • ニコニコ超会議2018
  • 販促花子
  • AKB48
  • アイドル
超会議から帰ってまいりました。



いやー今年も楽しかったね。笑いありゲームあり音楽あり謎解きありと、楽しいイベント盛りだくさんでね。良い時間を過ごすことができました。

ちなみに今年も例年通り泊りがけで行きましてね。行きも帰りもバスで行ったんですけど、やっぱりバスは楽ですね。横浜YCATから幕張メッセまで1時間10分、行きは朝9時、帰りは3時ぐらいのバスに乗ったんですけど、お客さんは8割から9割の入りでしたかね。道路の渋滞もなくほぼ定刻通りに着くことが出来ました。AKBも是非検討してみてくださいね。

AKBグループショップ

https://shopping.akb48-group.com/top/1

さて、今まで移動の話ばっかりしてたから飽きちゃったね。
ということで今回はアイドルグッズの話をしよう。まず一般的な話から入るんだけど、物を作って売ろうって時には最初に費用がドーンとかかるのはわかるかな。例えば工場を建てて、作るための機械を設置して、原材料を仕入れたり生産ラインで働く人を教育したり、営業の人を雇ったりするのに、とても大きなお金が必要だ。

でも一度そういう設備やら教育やらの準備をしてしまえば、その後はそれほど追加の費用を要することなく生産することが出来るのはわかるだろうか。例えばドーナツを工場で作るとして、その生産量を1つから2つに増やすという場合、小麦粉や卵は生産量に応じて増やさないといけないけれども、別に生産量が増えたからといって、工場をもう一つ建てないといけないわけではないし、営業の人を新たに雇う必要もない。


つまりX軸とY軸を使って費用と生産量の関係を表すとこうなる。ある会社がドーナツを作ろうという場合、最初に初期投資として5000円が必要になるけれど、一旦生産を開始すれば、ドーナツ1個あたりの追加費用は100円で済む。そしてこの場合、図の下の説明にもあるように、ドーナツ20個作るために必要な費用は7000円だ。


そしてドーナツ1つ作るのに、初期費用も含めたコストが幾らかかるかも考えよう。前述のように初期費用が5000円、ドーナツ1個作るのに100円かかるとした場合、20個作った場合は総費用が5000円+100円×20個=7000円かかるので、1個あたりの費用は7000÷20=350円となる。そして同様に計算した場合50個作った場合には1個あたり200円、ドーナツを100個作れば製造コストは1個あたり150円に下がる。

販促花子

https://www.hi-ad.jp/item/clearfile/original_a4/index.html

これがいわゆる量産効果というやつだ。つまり最初にかかる初期のコストを製造個数を増加させることによって吸収させる。その結果物が安くなる。

これは同人で本出したり、CD作って売ったことある人ならわかるかな。こんなノベルティグッズでもそうだけど、注文数によって価格が上下するのは、正にその量産効果が働いているからに他ならない。

AKBグループショップ

https://shopping.akb48-group.com/

で、ここからが本題になるんだけど、製造個数によってコストが変わるということは、言い換えるなら製造個数によって販売価格も変えないといけないということだ。

だって利益が出ないんだからね。製造原価100円のものを200円で売ったら100円利益が出るけど、製造原価200円のものを200円で売っても利益は出ないんだからね。だから製造原価が高くなる少量生産のものは、高い値段をつけないといけない。

でもこのグループショップを見るとわかるけど、沢山売れる人気アイドルのグッズも、あまり売れない不人気アイドルのグッズも、同じ値段で売られているよね。しかしこれではアイドルグッズを売れば売るほど赤字が増えていくことになってしまう。

多分現状AKBでは殆どのアイドルの子のグッズは赤字で、その赤字分を珠理奈や咲良といった人気メンバーのグッズ収入で埋め合わせる構図になっているんだろう。でもそれでは効率が良くないから、何か売り方から変えた方がいいんじゃないかな。ということで次回はその解決の話をしようと思うよ。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事