誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

作詞家の得手不得手

2017/09/28 06:30 投稿

  • タグ:
  • 日刊スポーツ
  • AKB48
  • 乃木坂46
  • 音楽
  • 髙橋みなみ
前回の続き。

AKB久保怜音ら研究生4人が涙の正規メンバー昇格

https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201709270000580.html

本当に長かったね。
記事にもあるように松岡はなちゃんが2度センターをやり、荻野由佳ちゃんが速報1位になり、仲間では樋渡結依ちゃんが早々に昇格する中、彼女たちは長い間研究生の地位に甘んじてたわけで、さぞかし焦りや悔しさがあっただろうことは想像に難くない。

勿論既に活躍してる彼女達とはちょっと実力差があることには違いはないんだろうけど、でもちょっと昇格の基準が他のグループに比べてキツかったよね。だから足踏みの期間が長くなっちゃった。今後は彼女達の努力が無駄にならないように、もっと公平な昇格基準の設定を求めます。特にAKBは研究生が沢山いるから喫緊の課題だね。

まあ昇格した子達にはとにかくおめでとうだね。でもこれは単にアイドルとしてのスタートラインに立ったというだけだからね。それは勘違いしてはいけないよ。

【MV full】 ハロウィン・ナイト / AKB48[公式]

https://www.youtube.com/watch?v=1zUFu-aUVW4

あとは彼女たちが活躍できるように、AKBが盛り返せばいいんだけどね。
でも前にも書いたように、2015年から秋豚の様子がおかしくなっているのかな。2015年は乃木坂がアルバムを出し始めた年だし、歌詞が明らかに変だったこのハロウィンナイトが出た年も2015年、更には大量のグループ卒業者が出始めたのも2015年だからね。明らかにオーバーワークの影響が出ているように思えてならなかったんだけど。

2017/7/19 on sale SKE48 21st.Single 「意外にマンゴー」MV(special edit ver.)

https://www.youtube.com/watch?v=nV5eehoSWC0

【MV full】 #好きなんだ / AKB48[公式]

https://www.youtube.com/watch?v=zK_e8mCa5H0

確かにこれらの曲は良く出来ていたんだけど、この丁寧さがいつまで続けられるかは、大いに疑問がある。やっぱり時間がないことには変わりがないんでね。どこかで時間のなさから手を抜いてしまいかねない危険がある。

乃木坂46 『失恋お掃除人』

https://www.youtube.com/watch?v=rbC5P-F8oQc

それに秋豚は重い曲や暗めの曲が苦手という欠点がある。「♯好きなんだ」とか「意外にマンゴー」みたいな軽くてキャッチーな感じは得意なんだけど、ちょっと暗めになると途端に歌詞が変になって、壮大に間違えてしまうことが多い。この乃木坂の曲も、ちょっと歌詞が明るいかな。

欅坂46、新シングル『風に吹かれても』アー写&収録曲公開 平手友梨奈がバッサリと髪を切る

https://realsound.jp/2017/09/post-112256.html

なんで壮大に間違えるかというと、曲の全体を見てないからなんだろうな。多分彼はね、サビの最初とか最後の部分を聞いてね、タイトルだけパッと決めちゃったら、それからイメージを作って書くようなやり方をしているね。

でもそのやり方だとね、曲が違ったとしても、修正が効かなくなるんだろうな。つまりね、彼は一度サビの最初で「楽しい日曜日」って聞こえちゃったら、どんなに明るい曲であっても暗い曲であっても、楽しい日曜日の歌詞で書いてしまうんだろう。だから曲のイメージと歌詞イメージとが、大きくズレてしまうんだろうな。自分は少なくともそう見ている。この「風に吹かれても」も、ちょっとタイトルや歌詞がおかしいよね。

高橋みなみ - 孤独は傷つかない

https://www.youtube.com/watch?v=_ZSSqkTdMZ4

ちなみにカッコいい曲も苦手なんだよね。
この曲もちょっとオケに対して歌詞が軽い感じがするよね。ということで今この曲を書き直しているところです。明日までにはできるかな。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事