誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

音楽生産工場の建設

2017/09/26 02:22 投稿

  • タグ:
  • エケペディア
  • 乃木坂46
  • 音楽
前回の続き。

#好きなんだ

https://48pedia.org/%EF%BC%83%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A0

そういえばAKBや坂道のCD全部歌詞書くとすると、結局何曲ぐらいになるんだっけかな。
まずシングルCDはグループによって違うけど、年3枚出すのが理想とする。そしてAKBや坂道は大体シングル曲1曲につきカップリングが6曲ぐらいあるので、計7曲。更に合計8グループあるわけだから、年間で書かないといけないシングル曲数は

3×7×8=168曲

となる。

……次にアルバムだけど、これもシングル同様AKBや坂道は異様に曲数が多いんだな。つまり通常版にも色々タイプがあって、それにつき別の曲を書き下ろさないといけないので、他のアーティストに比べて格段に数が多い。調べてみたところ、アルバム1枚につき16曲書き下ろしているので、毎年8グループに供給するとすると、書かないといけない曲数は

16×8=128曲

となる。よって両方を足し合わせると、年間で書かないといけない曲数は、

168+128=296曲

乃木坂46 『いつかできるから今日できる』

https://www.youtube.com/watch?v=kVxljIgOKXo

となる。ああこれ無理だわwww 年100曲ぐらいやればいいと思っていた俺が甘かった。やっぱりAKSや坂道は、曲の価値やアイドルとしての価値が低いんだろうな。それこそ人気実力があれば、シングルに2枚いれて、アルバムに12曲ぐらい入れればいいんだろうけど、AKBも好調である坂道も、実力的にはそれほどないものだから沢山曲を詰めないとお客さんには満足してもらえない。だから曲数が増えてしまう。

しかも握手会やCDの売り上げを伸ばそうとメンバーを増やしたりすると、彼女たちに仕事を与えないといけなくなるので、また書く曲数が増えていく。

乃木坂46 『まあいいか?』

https://www.youtube.com/watch?v=_bwgopuoWzk

だから前回も少し書いたけれども、AKBが生き残るためには、アイドルや曲の価値を高めるか、今の価値に合わせて曲の供給量を増やすしかないんだけど、現状は後者の選択肢を取りながらも、大変だからと言って曲を書くのをやめている状態だと思われる。

その結果AKBグループが急に失速している。なのでAKBグループを維持するためには、曲の量と質とを確保することが課題だということなんだけど、どうだろう。ちなみに自分がやるとしても、やっぱり100曲前後が限界かな。作詞家が秋豚を含めてあと数人は必要か。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事