誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

グループの分業体制

2017/09/23 05:53 投稿

  • タグ:
  • AKB48
  • 乃木坂46
  • アイドル
  • 音楽
前回の続き。

【MV full】 ハロウィン・ナイト / AKB48[公式]

https://www.youtube.com/watch?v=1zUFu-aUVW4

市場の飽和ってのはどこまであるのかな。確かにアイドルの数は増えてるから、多少をシェアを奪われても仕方はない面はあるけれど、でもAKBに関してはこういう酷い歌詞、曲を書いてるのも見てるからな。市場の飽和のせいというよりは、質の低下というのがあるんじゃないか。

実際2015年あたりから社長の解任劇などドタバタもあったわけだから。その過程で経営能力の低下が起きて、首が締まっていった面は否定できない気もするんだけど。



あとは秋元康のプロデュース能力の低下があるかもしれないな。つまり時給1000円で8時間働いていた人間の能力が、時給900円に下がると、もらえるお給料は900×8で7200円になり、8000円-7200円=800円分減るでしょ。それと同じように、秋元康の能力低下が、そのままAKBグループの人気低下につながっている可能性もある。

そしてそれに加えて秋元康の仕事量の限界というのも、AKBの人気低下に拍車をかけている可能性があるよね。まあ図を見てほしいんだけど、秋元康が最初AKBで5時間働いていたとして、やがてAKBの人気が起こったとする。

こういう局面に出会ったとき、AKB以外のグループを作って人気を高揚させようというのが、AKS並びに秋元康の作戦だったよね。つまりAKBの人気が落ちてきたらSKEを作ってメンバーをAKBに合流させる。するとAKBが持ち直すかわりにSKEでも5時間働かないといけないので、秋元康の労働時間が5+5=10時間になるでしょ。つまり秋元康は今までAKBの人気を維持するために労働時間を増やして、身を削ってきたんだな。


でも困ったことに、労働時間っていうのはどう頑張っても24時間しかないんだな。だからAKBやAKSを維持するために別のグループを作ってを繰り返していくと、いつかは労働時間が限界を迎えてしまったり、他の仕事が疎かになってしまう。図で例えるならば本当は6グループをプロデュースするのに5時間×6グループ=30時間必要なんだけど、無理だから1つあたり3時間で済ませようとかになる。

するとますますAKBの人気低落に拍車がかかっていくことになる。思うに今そういう状態なんだと思うよ。だって秋元康は現在睡眠時間3時間とか言ってるからね。これ以上グループ全体の人気や規模を維持するために働こうとも既に出来ない状態にあるわけなんで、身体の限界と共にグループの崩壊が来る可能性がある。

乃木坂46 『いつかできるから今日できる』

https://www.youtube.com/watch?v=kVxljIgOKXo

だからそろそろAKBグループ自体、分業体制を敷いてみませんかね?
勿論秋豚が手放さないのかもしれないけれども、でも従業員何百人と抱えている会社が、豚一匹と命運を共にしているというのは、かなりリスクが高い状態にあるんじゃないか。

なんで、お願いしてそろそろどれかの業務を譲ってもらったらいいと思うんだけど、どうかな。自分は歌詞が書けるので豚にその気があるんなら、グループ全体の歌詞を担当しようかと思うんだけど。ちなみにこの乃木坂の新曲だけど、書き直したのを今度上げるからね。お楽しみに。






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事