ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

♯コンパスの曲 感想

2017/02/25 04:15 投稿

  • タグ:
  • かいりきベア
  • 164
  • ナユタン星人
  • 音楽
  • ♯コンパス
前回の続き。



レコード会社が彼らに見向きもしないのは、歌をうたわないからってことかな?
つまりバンドや歌もうたうアーティストじゃないと、売り出し方がわからないから敬遠されているとか。確かに一理ある考え方だけど、でもそれだけが理由じゃないと思うなあ。なんか感覚がズレてると思うんだけど。

まあいいか。さて実は最近まで♯コンパスと言われるゲームのBGM曲を調べて回っていましてね。一応わからない人のために説明すると、♯コンパスとはニコニコとNHNとが共同で開発したスマホ向けゲームのことらしくて、そのBGMやらイラストデザインなんかを、ボカロPやニコニコで人気の絵師などが担当しているんですね。

で、その出来が結構良いと。多分ニコニコがボカロPを選んでいるんだと思うんですけど、それでもどれも上手くキャラクターの個性に合わせて作っている。やっぱり彼らは人様の注文に応えて作る能力はあるんですよね。きっと実力的には一般の音楽家と殆ど遜色ないと思うんですが。



曲の感想を言わせてもらうと、やっぱり歌詞がおかしいなあと感じますかね。
勿論見た目は良くできてるんですよ。でもいつも言うように、歌詞って

 1番の歌詞<2番の歌詞

ってしないと聞く人の耳を捉えないのでね。その点でやや不十分かなと感じますね。
みんな 1番の歌詞=2番の歌詞 ってなっているように思いました。









彼は唯一(といってもまふまふくんは聞いていないので除外しますが)作者の中で1番の歌詞<2番の歌詞になっていますね。「バグ」「インプット」などのように、ロボット関連の言葉を入れているのもさることながら、

「ねえ もっと付き合って!」→「もうずっと付き合って!」 




「もうちょっと!」→「もーいいよ!」

のように、2番になると表現がエスカレートしていくので、楽しいですよね。そして2番の「再度取り返せるかシンキング」の部分は、1番の「すでに次元を超えた戦場だ」の部分を受けていますね。つまり歌詞が進むにつれて、ゲーム内のバトルが進んでいる様子を表現しています。

まあ「エイリアンエイリアン」の頃からわかっていたことですが、彼は良い曲の作り方を知っているという感じで、実力の高さが伺われます。ちなみに「ときめく心のモーションが あなたに共鳴して止まないの!」「恋とは心のバグなのさ それでも共鳴して いたいの!」の部分とは、位置を入れ替えた方がいいかもしれません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事