誰のためかはわからないグローバルリーダー養成講座(仮)

ドル円は下りトレンドへ

2016/12/13 23:41 投稿

  • タグ:
  • 東洋経済オンライン
  • 楽天証券
  • Investing.com
  • 経済
  • FX
あのしぶとかったドル円ですが、どうなりましたかね。




これは楽天証券さんからお借りしたチャートです。
先日(12月9日)時点のチャートはこのようになっていた(上が1時間足、下が月足)なわけですが、あれから数日時間が経って、1時間足はこのようになりました。




一度月足の25本移動平均線の部分で大きな売りが入り(12月9日から12月10日にかけて、緑色で「これ」と囲った丸い部分)、そのまま下りトレンドに入るかと思いきや、思いの他買いが強く更に上昇を続け、ドルは週明けからも力強く上昇。そして116円を試そうとしたところでまた更なる強い売りの動きが入り、さすがに今度は下りトレンドに入ろうかといった状況にありますね(12月13日23時現在)。

一応テクニカル的な部分について説明を補足しておくと、通常短期中期長期といった複数の移動平均線が接近している場合には、相場は大きな上げか下げかの準備をしているわけですね。だからそれさえわかれば、そろそろ下りトレンドへの転換があるだろうというのも、結構簡単に予想できるわけです。

ECB、債券購入を来年4月以降月600億ユーロに

http://toyokeizai.net/articles/-/148884

ちなみにあれからドル円が上昇していた原因はこれですね。ECBの債券購入に絡んだ動きでドル円が上に動いていたので、まだ伸びしろがあるのか? と正直ひやひやもしたのですが、さすがに上がりすぎたみたいです。まあとはいえ、また急上昇する可能性もなきにしもあらずなんですが。



チャートはInvesting.com(http://jp.investing.com/)さんよりお借りしました。時間足は4時間足です。

最後に今後の相場予想ですが、この赤で示したようなチャートを予想します。すなわち1月中旬あたりまで調整目当ての円高が起きた後、それから方向性がどちらかに定まっていくという風になると思います。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事