AKB48グループ情報(速報や重要な情報)

北原里英・NGT48キャプテン就任決定!「新潟に花火打ち上げます!」

2015/05/03 18:08 投稿

  • タグ:
  • NGT48
  • 北原里英
  • きたりえ
  • 新潟
  • AKB48
  • キャプテン

AKB48の北原里英(23)が新潟のNGT48のキャプテンを務めることが決まった。NGTは国内5つ目の姉妹グループで、今年10月に新潟市内に専用劇場をオープンさせる予定。新たな文化の導入に地元の期待は大きく、全国のファンもその動向に熱い視線を送っている。グループを引っ張るキャプテンの責任は重大。きたりえに、その胸中を聞いた。

 ――よくNGTのキャプテン就任を決断しましたね!?

 「秋元(康)先生から直接連絡があって“やってみませんか?”と打診されました。私の生き方として断ることは考えられなかったので“行かせていただきます”と答えました」

 ――それはいつ頃の話でしょう?

 「(AKBのメンバーの人事異動が発表された3月26日の)さいたまスーパーアリーナの2週間くらい前だったと思います。その時はちょうどチームKの公演の準備をしていました。私はKが大好きなので、リハーサルで勝手に1人でウルッとしていました」

 ――NGTに行くということは、長く活動してきたAKBから離れるということですからね…。

 「AKBを卒業するのと一緒だと思いました。今は前向きになってNGTが楽しみですけど、でも、やっぱりAKBのみんなと活動できなくなるのは本当に寂しいです」

 ――一種の卒業だと?

 「(目に涙を浮かべながら)はい。私も長く活動しているので、ファンの皆さんも察していたとは思うんですけど、最近はずっと卒業を視野に入れてやってきました。いつ秋元先生に相談しようか…という感じだったんです」

 ――逆に言えば、NGTに行くことによって48グループからの卒業が先延ばしになったということ?

 「そうですね。もしかしたら、ファンの皆さんにとっては良かったかもしれません(笑い)。これがなかったら、もうそろそろいなくなっていたでしょうから」

 ――新潟という場所に対する思いは?

 「もともと大好きで、仕事でもプライベートでも行ったことがあります。昨年の夏はプライベートで(新潟県小千谷市の)片貝の花火大会に行きました。一緒に行った友達と“来年はお金を出し合って自分たちの花火を打ち上げてもらおう”と話していたんです。だから、今年も行って、NGTの成功を祈る花火を上げたいです」

 ――現地では、会社員でいえば単身赴任みたいな生活になりますね?

 「はい。でも、一人暮らしをして8年になるので大丈夫です」

 ――キャプテンという立場については?

 「自分には向いていないと思います。よく秋元先生がキャプテンに対して“嫌われる勇気を持ちなさい”と言うじゃないですか。でも、私は嫌われる勇気を1ミリも持っていないんです。なめられたらいけないので、言わなくちゃいけないんでしょうけど、言えるかなあ…(苦笑い)」

 ――本当に大丈夫ですかね?

 「どちらかというと“NGTを一から立ち上げるスタッフ”として行こうと思います。みんなで何かをつくっていくのは大好きなので、それならできるんじゃないでしょうか」

 ――柏木由紀さんがAKBとNGTを兼任することについては?

 「うれしいです。ゆきりんが兼任してくれて本当に良かった。私はもともとアイドル好きじゃなくて、アイドルのことはよく分からないんですけど、ゆきりんはもともとアイドル好きで、詳しいので、アイドルファンが喜ぶことを教えてもらうようにします」

 ――2人はいいコンビになりそうですね?

 「私は、ミーハー心はあるので、一般社会の方にアタックしていこうと思います。ゆきりんとバランスを取りながらやっていきます」

 ◆北原 里英(きたはら・りえ)1991年(平3)6月24日生まれの23歳。愛知県出身。07年10月、AKBの5期生オーディションに合格。12年10月からフジテレビ系のリアリティーバラエティー番組「テラスハウス」にレギュラー出演。同12月公開の映画「ジョーカーゲーム」に主演。14年2月、チームKの副キャプテンに。血液型A。愛称・きたりえ。

 ≪オーディション参加者募集中≫NGTは現在、メンバーオーディションへの参加者を募集中。「少しでもAKBに憧れている人、アイドルになりたい人、芸能界に興味がある人、今の自分を変えたい人…。どんな人でも構いません。とにかく、やる気がある人に来てもらえたらうれしい」と呼び掛けた。

 ≪NGTもいずれシングルを…≫AKBの国内の姉妹グループはこれまで全てシングル曲を発売。「NGTもいずれは出したい。昔、まだ売れていなかった頃のAKBがやっていたことをもう一回できるかと思うと、楽しみです。レコード店へのあいさつ回りとか、小さなイベントへの参加とか、またやってみたい」と笑顔を見せた。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事